チェルシー、アタッカーの獲得へ…本田所属のミランから引き抜きも

 

チェルシーが獲得を狙うテイシェイラ(左)とバッカ(右) [写真]=Getty Images

 チェルシーが後半戦の巻き返しに向けて、冬の移籍市場で攻撃陣の獲得を目指していることが明らかになった。11日付のイギリス紙『デイリースター』などが報じている。

 今シーズン、ここまでのプレミアリーグで14位に沈むチェルシーは攻撃陣が不調。スペイン代表FWジエゴ・コスタが直近の出場した3試合で4得点と復調の兆しを見せているが、ベルギー代表MFエデン・アザールには未だ今シーズン公式戦での得点がない。

 この状況を見てクラブはアタッカーの補強を画策。以前から報じられていたシャフタールに所属するブラジル人MFアレックス・テイシェイラとの交渉は成立していないものの、合意目前であるという。テイシェイラの残留を望んだシャフタールに対し、チェルシーは当初の見積もり額を大幅に上回る2400万ポンド(約40億8000万円)を提示したようだ。

 さらにチェルシーは日本代表MF本田圭佑の所属するミランからコロンビア代表FWカルロス・バッカを引き抜く意向であるという。フランス代表FWロイク・レミーやコロンビア代表FWラダメル・ファルカオらが不調のため退団も噂されていることから、D・コスタの控え候補としてバッカに白羽の矢を立てた形となる。すでにクラブは交渉に向けて3000万ポンド(約51億円)を用意したという。

 冬の移籍でチェルシーの攻撃陣は様変わりするのか。今後の動向に注目が集まる。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[冬目景]月刊マンガ誌「バーズ」で新連載へ
[00:00 6/30] ホビー
JR東日本、仙石東北ライン上り始発・下り最終が女川駅へ - 8/6直通運転開始
[23:45 6/29] ホビー
「ガンダム名鑑ガム」に第2弾登場、マンダラガンダムの3形態も再現
[23:35 6/29] ホビー
[夏のドラマ見どころ]男の生き様 山田孝之、2年ぶりウシジマ 三上博史は初深夜 フジ日9は中島裕翔
[22:56 6/29] エンタメ
なかはら・ももた「買われた星」地方の和菓子職人と東京から来た社長のBL
[22:55 6/29] ホビー