名古屋、湘南からMF古林将太が加入「タイトルを獲得できるように」

 

湘南から名古屋への移籍が決まった古林将太 [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスは11日、湘南ベルマーレからMF古林将太が完全移籍で加入したと発表した。

 現在24歳の古林は湘南のジュニアユース出身で、2010年にトップチームへ昇格。翌年にはザスパクサツ群馬に期限付き移籍し、2012年に湘南へ復帰した。2015シーズンはJ1リーグ26試合に出場し、3得点を記録している。

 古林は移籍に際し、「湘南ベルマーレから移籍加入します古林将太です。名古屋グランパスに加入できることを幸せに思います。これまで学んできた自分の全てを出し、チームのために貢献できるように全力を尽くします。また、サポーターの皆さんと一緒に闘えることを楽しみにしています。ひとつでも多くの勝利、タイトルを獲得できるように、ともに頑張りましょう」と意気込みを述べている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

3Dプリンタで会社生活の悩みを解決しよう! 第1回 どれが自分のビニ傘か一発でわかる「傘タグ」
[11:00 7/29] テクノロジー
「2016年夏ドラマ」19作を視聴&ガチ採点! 視聴率や俳優の人気は無視、本当に面白い作品はコレだ
[11:00 7/29] エンタメ
こぶしファクトリー「"こぶし組"の輪を広めて有名なグループに」と意気込み
[11:00 7/29] エンタメ
シリコンバレー101 第670回 ポケモンGO便乗アプリ、成功したアプリとつまづいたアプリの違い
[11:00 7/29] 企業IT
竹尾の紙に"電子回路を印刷" - 「紙のミライ」を探る企画展
[11:00 7/29] 企業IT