名古屋、湘南からMF古林将太が加入「タイトルを獲得できるように」

 

湘南から名古屋への移籍が決まった古林将太 [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスは11日、湘南ベルマーレからMF古林将太が完全移籍で加入したと発表した。

 現在24歳の古林は湘南のジュニアユース出身で、2010年にトップチームへ昇格。翌年にはザスパクサツ群馬に期限付き移籍し、2012年に湘南へ復帰した。2015シーズンはJ1リーグ26試合に出場し、3得点を記録している。

 古林は移籍に際し、「湘南ベルマーレから移籍加入します古林将太です。名古屋グランパスに加入できることを幸せに思います。これまで学んできた自分の全てを出し、チームのために貢献できるように全力を尽くします。また、サポーターの皆さんと一緒に闘えることを楽しみにしています。ひとつでも多くの勝利、タイトルを獲得できるように、ともに頑張りましょう」と意気込みを述べている。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー