中村紀フルスイング健在 名球会フェスのHR競争で2発!

 プロ野球名球会が主催する『名球会ベースボールフェスティバル2016』が11日、ヤフオクドームで行われ、セ・パOB戦に先立ち行われたホームラン競争で、パ・リーグ代表の中村紀洋氏が2本塁打をマークした。

 ひとり10スイング制で行われたセ・パ対抗戦。先攻のセ・リーグ代表のラミレス氏(DeNA監督)は0本塁打に終わった。続いて打席に入った中村氏は、一発目をレフトポール際のテラス席へ。続く二発目は全盛期を彷彿とさせる滞空時間の長い大飛球となり、そのままレフトスタンドへ着弾した。

 この様子を見守っていた秋山幸二氏は「フルスイングと言えば今は柳田(ソフトバンク)や山田(ヤクルト)ですけど、その前は中村紀。技術もあるしまだまだ若いですよ」と絶賛。

 本人は「1年ぶりにバットを振ったので当たるかどうか心配でしたが、1本目が出てホッとした。和田(一浩)さんが打ちやすいところに投げてくれたのに、2本しか打てませんでしたね」と不満気だった。


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事