AKB48入山杏奈、新成人メンバーを"遅咲き世代"と命名「今後立派な花になる」

アイドルグループ・AKB48の入山杏奈、木崎ゆりあ、HKT48の穴井千尋らAKB48グループのメンバー32名が11日、東京・神田明神で行われた成人式に出席した。

東京・神田明神で行われた成人式に出席したAKB48グループのメンバー

今年、新成人となったのは、AKB48の入山杏奈、佐々木優佳里、中西智代梨、前田亜美、阿部マリア、篠崎彩奈、内山奈月、木崎ゆりあ、伊豆田莉奈、名取稚菜、山本亜依、濵松里緒菜、竹内美宥、SKE48の都築里佳、内山命、山下ゆかり、小石公美子、谷真理佳、高畑結希、NMB48の山尾梨奈、東由樹、沖田彩華、川上礼奈、谷川愛梨、松村芽久未、三田麻央、森田彩花、日下このみ、HKT48の穴井千尋、NGT48の大滝友梨亜、西潟茉莉奈、山口真帆の32名。一同は、アキバの守護神である神田明神にてご祈祷を執り行うと、艶やかな振り袖姿で報道陣の前に現れた。

入山は、早朝からのイベントにもかかわらず駆けつけた多くの報道陣を前に、「人が来てくれるのか不安だったので、嬉しい気持ちでいっぱいです」と満面の笑み。しかし、昨年の新成人メンバーが自分たちを"狭間世代"と言っていたことを引き合いに出すと、「2016年はもっと危ないんじゃないかと各方面でささやかれておりまして、まぁなんとも言えない感じなんですけど」と、突出した人気があるわけではないメンバーを見渡しつつ、「来年は豪華になりますので、1年間楽しみに待っていてください」と自虐コメントで笑いを誘った。とはいえ、秘めたる自信は隠せないようで、「わたしたちは“遅咲き世代”と命名しまして。今はまだ咲いていないですけど、今後立派な花になる予定ですので、末永く見守っていてください」と元気にアピールした。

「小さい頃から成人式の振り袖は赤と決めていた」という入山は、「あえて渋め(の赤)で大人に決めてみました」と語ると、両親とお酒を飲みたいという夢を正月に叶えたエピソードを披露。お酒は芋焼酎という、こちらも渋いチョイスで、「強いかわからないけど、酔っぱらう感覚がまだわからない」と初体験の感想を語った。また、今年の目標を尋ねられると、「イイ女になりたいと思います。教養があって芯のある女性に一歩でも近づけたらなと思います」と意気揚々。木崎は、自分たちを「黄金の卵」と評すると、「殻を破っていきたい」と決意表明。と言いつつも、「割ってくれるのは自分なのか、秋元先生なのか、ファンなのかわからないですけど」と、なぜか他力本願で報道陣を笑わせた。自身については、「今年こそはバカ卒業。そして、清く正しく美しくビューティフォーな女性になっていきたい」と声を弾ませた。

この日、HKT48から1人で参加した穴井は「よくヘラヘラしていると支配人のさっしー(指原莉乃)にも言われたりするので、今年はさっしーも驚くぐらいに力強くなりたいと思います」と意気込むと、「今月の誕生日で二十歳になったら、最初のお酒の一杯はさっしーに奢ってもらいたいと思います」と願望をのぞかせた。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事