フル出場の長友に伊紙は及第点「攻撃陣へのサポートを一度も欠かさず」

 

サンソーネ(手前)と競り合う長友佑都(奥) [写真]=Getty Images

 セリエA第19節が10日に行われ、日本代表DF長友佑都が所属するインテルはホームでサッスオーロに0-1で敗戦。同日行われた試合でナポリが勝利したため、首位の座を明け渡すこととなった。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。右サイドバックで2試合連続のフル出場を果たした長友には「6.5」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では、「(チャンスを逸脱した)アデム・リャイッチへのアシストからスタート。攻撃陣へのサポートを一度も欠かすことなく、自身のサイドではニコラ・サンソーネを封じ込んだ」と攻守に奮闘したことを伝えている。

 インテルの最高点は、PKで失点したものの終盤までサッスオーロの決定機を止め続けたスロヴェニア代表GKサミール・ハンダノヴィッチの「7.5」。一方、アルゼンチン人FWマウロ・イカルディに「5」の最低点がついた。なお、同試合の最高点は、「8.5」を付けられたサッスオーロのGKアンドレア・コンシーリだった。

 インテルは次節、16日に敵地でアタランタと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

鈴木このみ、「Love is MY RAIL」MV公開! 『アンジュ・ヴィエルジュ』OP曲
[23:06 6/27] ホビー
又吉直樹、執筆中の2作目は「年内には完成させたい」- プレッシャーも吐露
[22:52 6/27] エンタメ
大好物に挟まれ思わず笑顔!ドラえもん、コロ助たちFキャラのカプセルトイ
[22:51 6/27] ホビー
[ヒロミ]10年ぶりに連ドラ出演 「とても新鮮!」
[22:44 6/27] エンタメ
[新世紀エヴァンゲリオン]AbemaTVで全話放送へ
[22:41 6/27] ホビー