C大阪、元日本代表MF関口とDF田中の2選手との契約更新を発表

 

契約更新が発表されたMF関口 [写真]=Getty Images

 セレッソ大阪は11日、DF田中裕介とMF関口訓充の2選手と2016シーズンの契約を更新したことを発表した。

 現在29歳の田中は、2005年に横浜F・マリノスに入団。2009年には川崎フロンターレに移籍を果たし、昨年1月にはオーストラリアのウェスタン・シドニーに加入した。同7月にC大阪に移籍し、2015明治安田生命J2リーグ9試合に出場していた。

 関口は1985年生まれの30歳。2004年にベガルタ仙台に入団すると、2012年まで9年間在籍した。2013年に浦和レッズに加入し、昨年からC大阪でプレーしている。昨季はJ2リーグで31試合に出場し、1得点を記録した。また、2010年には日本代表にも選出されていた。

 契約更新に際し2選手は、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

(田中裕介)
「昨シーズンは熱い応援を最後の最後まで本当にありがとうございました。J1昇格を果たせなかった悔しさを胸に刻み、今シーズンこそは他を圧倒するサッカーでJ1昇格を果たします! サポーターの皆様、今シーズンも共に戦ってください!」

(関口訓充)
「発表ができるまでに時間がかかり申し訳ございませんでした。昨シーズンのプレーオフ決勝は僕のサッカー人生の中でも忘れられない試合になりました。あの悔しさ…、忘れる事はないと思います。絶対に今年こそ昇格をしてあの悔しさを晴らしたいと思います! 昨シーズンは皆さんにも辛い思いをさせてしまって申し訳ないと思っています。今シーズンこそ共に嬉し涙を流しましょう!桜満開やで!」


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

雨宮塔子「感慨深い思いでいっぱい」『NEWS23』でTBSレギュラー復帰
[07:00 7/26] エンタメ
広末涼子、湊かなえ原作ドラマ主演に! 姉との確執抱える主婦役
[07:00 7/26] エンタメ
高島彩、産休明けで立ち会い出産のエピソード語る - 3人目の意欲も満々
[07:00 7/26] エンタメ
多様な人材が働き続けるための課題とは? - 「JALなでしこラボ」が研究発表
[07:00 7/26] キャリア
「有給休暇取得をためらう」は子持ち正社員の6割 - その理由は?
[06:30 7/26] キャリア