「歴史は日本から」と現地紙絶賛の乾、得点は「妻と息子に捧げる」

 

エスパニョール戦でゴールを決め、喜ぶ乾 [写真]=ムツ カワモリ

 10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節で、MF乾貴士の所属するエイバルはエスパニョールを2-1で下し、シーズン前半戦を6位で終えた。

 2試合連続の先発出場を遂げた乾は15分、左サイドからドリブルでペナルティエリア内左に侵入し、思い切り良く右足を振り抜く。シュートは綺麗な弧を描きゴール右上隅に突き刺さり、リーガで移籍後初ゴールは貴重な先制点となった。直後に同点とされたものの、73分にも乾がドリブルで仕掛け、エリア内でファウルを誘発。これで得たPKをFWボルハ・バストンがゴールしっかりと決め、逆転勝利を手にした。

 試合後、スペイン紙『マルカ』は「エイバルの歴史は日本から」というタイトルで採点記事を公開。「日本の乾がスペインでのベストパフォーマンスを披露し、30ポイントというエイバルの歴史的躍進の前半戦を締めくくった」と称賛し、単独最高点の「8」(10点満点)と採点した。

 また、エイバルはクラブ公式ツイッターに乾のコメントを投稿。「得点を決めることができてとても嬉しく、幸せに思います。このゴールは今日エイバルに来ていた妻と息子に捧げたいです」と喜びを口にしている。

 エイバルは、13日に行われるコパ・デル・レイ5回戦セカンドレグでラス・パルマスと、18日に行われる次節でグラナダと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Renta!、オートチャージサービスを導入 - ボーナスチケットの限定特典も
[18:03 6/29] エンタメ
【レポート】「無償の愛」に続く名言は「いちごパフェ」 - 声優・巽悠衣子と大橋彩香の「あどりぶグランプリ2016」レポ
[18:00 6/29] ホビー
【レポート】「洲崎西」が「あどりぶ」と合同イベント開催 - 洲崎から西へ毛糸ふんどしのプレゼントも
[18:00 6/29] ホビー
【レポート】約70年代洋楽対決! 本家vsカバー - 今回も40歳以上限定!
[18:00 6/29] エンタメ
【コラム】父親だってつらいよ - 女性活躍社会での男の生きづらさ 第8回 父親になることを、肩肘張らず前向きに捉えてみよう
[18:00 6/29] ライフスタイル