エイバル乾が移籍後初ゴール…リーガで日本人史上4人目の得点

 

エイバルに所属するMF乾貴士 [写真]=Getty Images

 エイバル所属のMF乾貴士が、10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節のエスパニョール戦で、移籍後初ゴールを決めた。

 先発出場した乾は15分、左サイドからドリブルでペナルティエリア内左に侵入し、思い切り良く右足を振り抜く。シュートは綺麗な弧を描きゴール右上隅に突き刺さり、リーガで移籍後初ゴールをマークした。

 リーガ・エスパニョーラで得点した日本人選手は、城彰二氏、大久保嘉人(現川崎フロンターレ)、家長昭博(現大宮アルディージャ)に続いて、乾で史上4人目。また、同選手は、フランクフルト時代の2014年11月22日に行われたブンデスリーガ第12節ボルシアMG戦以来となるゴールとなった。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

極楽とんぼ、11年ぶり"ケンカ"披露!「懐かしすぎる」「やっぱ最高」の声
[23:45 7/30] エンタメ
シンデレラガールズCD歴代出荷ナンバーワンはあの曲! CD&映像累計300万枚突破&『STARLIGHT MASTER』シリーズ発売記念イベント
[22:46 7/30] ホビー
[笑ってはいけない]お尻たたきは痛いのか? 話題のバスに乗ってみた
[22:45 7/30] エンタメ
ロンブー淳、極楽・山本の地上波復帰に号泣「ずっと山本さんについていく」
[22:43 7/30] エンタメ
「魔法少女まどか☆マギカ」ソウルジェムとセットになったラバーマスコット
[22:15 7/30] ホビー