エイバル乾が移籍後初ゴール…リーガで日本人史上4人目の得点

  [2016/01/11]

エイバルに所属するMF乾貴士 [写真]=Getty Images

 エイバル所属のMF乾貴士が、10日に行われたリーガ・エスパニョーラ第19節のエスパニョール戦で、移籍後初ゴールを決めた。

 先発出場した乾は15分、左サイドからドリブルでペナルティエリア内左に侵入し、思い切り良く右足を振り抜く。シュートは綺麗な弧を描きゴール右上隅に突き刺さり、リーガで移籍後初ゴールをマークした。

 リーガ・エスパニョーラで得点した日本人選手は、城彰二氏、大久保嘉人(現川崎フロンターレ)、家長昭博(現大宮アルディージャ)に続いて、乾で史上4人目。また、同選手は、フランクフルト時代の2014年11月22日に行われたブンデスリーガ第12節ボルシアMG戦以来となるゴールとなった。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

藤原竜也、洋画実写吹き替え初挑戦! 続『インデペンデンス・デイ』主人公役
[04:00 5/25] エンタメ
舞台「ダイヤのA」は薬師戦!真田役は上田堪大、栄純・降谷・御幸は続投
[00:00 5/25] ホビー
アニメ「orange」橋の上で空を見上げるメインキャラ6人のビジュアル
[00:00 5/25] ホビー
「聲の形」の大今良時、今秋にファンタジー新連載開幕!マガジンに予告
[00:00 5/25] ホビー
[浅田真央選手]姉・舞とNMB48冠バラエティーに出演 号泣するメンバーも
[00:00 5/25] エンタメ

特別企画 PR