終盤のPKでホーム2連敗…インテル指揮官「これがフットボールだ」

 

終了間際にPKを決めたベラルディ(左)[写真]=Getty Images

 セリエA第19節が10日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはサッスオーロと対戦。後半アディショナルタイム5分にPKで失点し、0-1の敗戦を喫した。インテルを率いるロベルト・マンチーニ監督が試合後の会見に臨み、クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 インテルは、16本のシュートを放つなど攻勢に試合を進めたものの決めきることができず、終了間際にブラジル代表DFミランダがFWグレゴワール・ドゥフレルを倒しPKを献上。これをFWドメニコ・ベラルディに決められた。

 マンチーニ監督は「これがフットボールだ」と考えを口にすると、「我々はたくさんのチャンスを作ったが、(アンドレア)コンシーリが素晴らしく、得点を挙げることができなかった」と相手守護神を称賛。「試合を支配し、勝利のために全てを尽くした。数回のセットプレーを除けば、後半はサッスオーロにチャンスを与えていなかったんだ」と、痛恨の敗戦を振り返った。

 インテルはこれまで首位をキープしてきたが、4位ユヴェントスまでが3ポイント差に収まっており、この敗戦で首位陥落の可能性もある。同監督は、「ホーム2連敗となってしまった。もっと良い結果にふさわしい試合をしたが、敗戦を受け入れて本気で前へ進まなければならない」と、今後への意気込みを語っている。

 次節、インテルは17日に敵地でアタランタと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

A.B.C-Z・塚田僚一、キスマイ・千賀健永に謝罪!? - "ジャニマネレストラン"で10年越し事実発覚
[21:00 7/29] エンタメ
福島交通飯坂線、7000系に代わる新車両1000系導入へ - 3カ年計画で全車更新
[20:49 7/29] ホビー
東芝、4Kテレビ「REGZA Z20X」が業界初の"HLG方式のHDR"に対応
[20:43 7/29] スマホとデジタル家電
写真甲子園2016、島根県立大田高校が初優勝 - 「笑顔の写真は撮らない」
[20:39 7/29] スマホとデジタル家電
TVアニメ『ワンピース』、新章「ゾウ編」突入! 新キャラ&キャストを発表
[20:33 7/29] ホビー