終盤のPKでホーム2連敗…インテル指揮官「これがフットボールだ」

 

終了間際にPKを決めたベラルディ(左)[写真]=Getty Images

 セリエA第19節が10日に行われ、日本代表DF長友佑都の所属するインテルはサッスオーロと対戦。後半アディショナルタイム5分にPKで失点し、0-1の敗戦を喫した。インテルを率いるロベルト・マンチーニ監督が試合後の会見に臨み、クラブ公式HPがコメントを伝えている。

 インテルは、16本のシュートを放つなど攻勢に試合を進めたものの決めきることができず、終了間際にブラジル代表DFミランダがFWグレゴワール・ドゥフレルを倒しPKを献上。これをFWドメニコ・ベラルディに決められた。

 マンチーニ監督は「これがフットボールだ」と考えを口にすると、「我々はたくさんのチャンスを作ったが、(アンドレア)コンシーリが素晴らしく、得点を挙げることができなかった」と相手守護神を称賛。「試合を支配し、勝利のために全てを尽くした。数回のセットプレーを除けば、後半はサッスオーロにチャンスを与えていなかったんだ」と、痛恨の敗戦を振り返った。

 インテルはこれまで首位をキープしてきたが、4位ユヴェントスまでが3ポイント差に収まっており、この敗戦で首位陥落の可能性もある。同監督は、「ホーム2連敗となってしまった。もっと良い結果にふさわしい試合をしたが、敗戦を受け入れて本気で前へ進まなければならない」と、今後への意気込みを語っている。

 次節、インテルは17日に敵地でアタランタと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】VRコンテンツの作り方 [6] UnityでHTC Vive用アプリを作る(3) 重力を設定、オブジェクトを持ち上げる
[09:49 7/1] 企業IT
働く既婚男女が「仕事着」にかける金額は?
[09:47 7/1] マネー
【特別企画】またもや企業から個人情報大量流出…原因は標的型攻撃?
[09:30 7/1] 企業IT
【コラム】Windows 10ミニTips 第95回 デスクトップのアイコンサイズを変更する
[09:01 7/1] パソコン
[ジュード・ロウ]小栗旬の桃太郎CMに出演へ
[09:00 7/1] エンタメ