【プレビュー】息を吹き返した乾所属のエイバル、エスパニョールを迎え撃つ

 

リーガ第19節で対戦するリバル(上)とエスパニョール(下)[写真]=Getty Images

 10日に行われるリーガ・エスパニョーラ第19節で、MF乾貴士の所属するエイバルとエスパニョールが対戦する。

 一時は大きく調子を落としていたエイバルだが、クリスマス休暇を経て息を吹き返し、前々節はホームでスポルティング・ヒホンに快勝(2-0)すると、前節もアウェーでベティスに圧勝(4-0)し、年末年始の連戦を相次ぐ完封劇で飾った。ところが、コパ・デル・レイ(スペイン国王杯)5回戦ファーストレグはホームでラス・パルマスとのシーソーゲーム(2-3)を落とし、準々決勝進出に向けて赤信号に近い黄信号が灯った。

 通算7勝6分5敗として10位から8位まで順位を戻して迎えた今節は、過密日程を考慮して攻撃陣は引き続きローテーションが採用されると見られており、乾にもスタメンのチャンスが十分にありそうだ。

 対するエスパニョールは、前々節はアウェーでセビージャに完封負け(0-2)すると、直後のバルセロナとの2連続ダービーは、前節はホームでドロー(0-0)に持ち込んだものの、コパ・デル・レイ5回戦ファーストレグは完敗(1-4)した。

 通算6勝3分9敗と借金が増えたものの、ぎりぎり12位を守って迎えた今節だが、ただでさえ故障者が多いチームは、バルセロナとの2戦目で負傷したエクアドル代表FWフェリペ・カイセドおよびU-21スペイン代表MFマルコ・アセンシオの出場も危ぶまれており、苦しい布陣を強いられると予想されている。

 順位で大きく上回るうえ、ホームで戦えるエイバルが有利となることは間違いないだけに、アウェーではあっさり負けることが多いエスパニョールがどれだけ踏ん張れるかが、試合の盛り上がりを左右することになるだろう。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー