問題発言連発で批判を受けるピケ…サポーターが擁護するバナーを掲出

 

バルセロナでプレーするピケ [写真]=Getty Images

 バルセロナに所属するスペイン代表DFジェラール・ピケに対してバナーが掲げられた。9日付のスペイン紙『スポルト』などが報じている。

 ピケはこれまで、ライバルチームであるレアル・マドリードを揶揄するスピーチや、同クラブ所属選手に対する挑発行動、カタルーニャ州の独立に同意する発言を繰り返してきた。それによって、代表戦でスタンドに駆け付けたファンからブーイングを浴びせられるだけでなく、スペイン代表で同僚のDFセルヒオ・ラモスなどから批判を受けていた。

 これに対しバルセロナサポーターは、9日にホームで行われたリーガ・エスパニョーラ第19節のグラナダ戦でピケに対する横断幕を掲出。「Tots som Pique(我々はみんなピケとともにいる)」とメッセージを発信した。批判が続く所属選手を擁護する形となった。さらにサポーターは積極的にピケのチャントを歌い、同選手を励まし続けたという。

 バルセロナだけでなくスペイン代表にとっても重要な選手であるピケ。彼に対する批判がやむ日はいつになるのだろうか。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

『妖怪ウォッチ』スマホに本格参戦、斎藤工はアニメ×実写映画に衝撃 -レベルファイブ新作発表会
[07:35 7/28] ホビー
[吉川晃司]水球日本男子代表の応援ソング制作 選手たちに熱いエール込める
[07:00 7/28] エンタメ
安倍なつみ、山崎育三郎との第1子出産「感動し涙し感謝しました」
[07:00 7/28] エンタメ
東芝、64層積層プロセスによる3D NAND「BiCS FLASH」のサンプル出荷を開始
[07:00 7/28] テクノロジー
オプテックス、法人車両向け安全運転データサービスを開始
[07:00 7/28] テクノロジー