名古屋退団のL・ドミンゲスがブラジル復帰か…柏時代の同僚と再会へ

 

昨季は名古屋でプレーしていたL・ドミンゲス [写真]=Getty Images

 名古屋グランパスを退団したMFレアンドロ・ドミンゲスが、古巣であるブラジルのヴィトーリアに復帰する可能性が高まった。9日付のブラジル地元紙『Correio da Bahia』が報じている。

 現在32歳のL・ドミンゲスはヴィトーリアの下部組織出身で、プロキャリアも同クラブからスタートさせた。その後、ブラジル国内のクラブを渡り歩き、2010年に柏レイソルに加入すると、クラブのJ1昇格に貢献した。翌年はリーグ戦で30試合に出場し15得点を記録。クラブ初となるJ1優勝の立役者となり、自身も最優秀選手賞を獲得した。2012年もリーグ戦で10得点をマークするが、その後は度重なるケガに悩まされた。2014年途中に名古屋へ加入するものの、コンディションは上がらず、2シーズンで公式戦16試合の出場にとどまった。昨年11月、契約満了に伴い退団が発表されていた。

 ヴィトーリアのマヌエル・マトス副会長は、「彼はこのクラブやファンにとって偉大な選手である」とかつてクラブに所属していたL・ドミンゲスへ関心を示していることを明かした。

 それでも、「彼はケガをし、昨年には手術を受けている。ここ2シーズンは好調でなかったことからもパフォーマンスについて評価する必要がある」と契約締結に向けて慎重な構えを示した。同選手は今後メディカルチェックを受け、契約を結ぶかどうか判断されるという。

 ヴィトーリアには現在、柏時代の同僚であるブラジル人MFジョルジ・ワグネルが在籍しており、L・ドミンゲス加入となれば約2年ぶりの再会となる。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

angela、NEWアルバム『LOVE & CARNIVAL』より収録映像や新曲試聴動画を公開
[06:12 8/25] ホビー
[TOKIO・松岡]連ドラ「家政夫のミタゾノ」に主演 家庭壊す“家政夫”に
[05:00 8/25] エンタメ
松岡昌宏、新ドラマでダークな家政夫役! 家事ハウツーも毎回披露
[05:00 8/25] エンタメ
デスノート、安室奈美恵が主題歌と劇中歌担当!“信念への真っ直ぐな想い”歌う
[04:00 8/25] ホビー
[安室奈美恵]「デスノート」新作映画で主題歌&劇中歌 “死神”とコラボビジュアルも公開
[04:00 8/25] エンタメ