アシスト記録の本田に高評価…伊紙「ミランの戦いを最も良く反映した」

  [2016/01/10]

ローマ戦にフル出場した本田圭佑 [写真]=Getty Images

 セリエA第19節が9日に行われ、日本代表MF本田圭佑が所属するミランは敵地でローマと対戦し、1-1で引き分けた。

 イタリア紙『ガゼッタ・デッロ・スポルト』は、同試合の採点を発表。右MFでフル出場を果たし、同点ゴールをアシストした本田には「6」をつけた。(最低1点、最高10点)

 寸評では「昨日のミランの戦いを最も良く反映した選手だった。開始30分は見るに耐えられないプレーだったが、それからは積極的なプレーを見せ、(ユライ・)クツカのゴールも本田のアシストによるものだった」と、アシストを含め、積極的な姿勢に高評価を与えている。

 ミランの最高点はGKジャンルイジ・ドンナルンマの「7.5」。一方、DFアレッシオ・ロマニョーリにチーム最低点となる「4.5」がつけられた。また、56分からピッチに立ち、同クラブ復帰後初出場を果たしたMFケヴィン・プリンス・ボアテングには「6.5」の高評価がついた。

 ミランは13日にコッパ・イタリア準々決勝でカルピと、17日にセリエA第20節でフィオレンティーナと、いずれもホームで対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

丸紅ITソリューションズ、「誤送信バスター」にBoxとの連携機能
[13:05 5/31] 企業IT
ネットギア、LANケーブルで電源供給可能なクラウド録画ネットワークカメラ
[13:05 5/31] 企業IT
【コラム】保険なう 第6回 たばこを吸わない人のほうが保険料がお得になる!? - 保険トリビア
[13:04 5/31] マネー
【特別企画】LINEスタンプが使える法人向けコミュニケーションツール「Works Mobile」とは?
[13:00 5/31] 企業IT
レノボ、約999gの12.5型フルHDコンバーチブル2in1「Lenovo YOGA 900S」
[12:57 5/31] パソコン