湘南に日系の元豪代表GKタンドウ・ベラピが加入…日本は「親しみ感じる」

 

湘南への加入が発表されたGKタンドウ・べラピ [写真]=Getty Images

 湘南ベルマーレは9日、メルボルン・シティから元オーストラリア代表GKタンドウ・ユウジ・ベラピが完全移籍で加入することを発表した。登録名は「タンドウ・ベラピ」。なお、メディカルチェック後に正式契約となる。

 タンドウ・ベラピは加入に際し、クラブを通じて以下のようにコメントしている。

「私がとても親しみを感じている国で優れたリーグの中の素晴らしいクラブに加入することができ光栄に思っています。なるべく早くチームに慣れ、ハードワークすることによりチームの良い成績に貢献できることを楽しみにしています」

 現在28歳のタンドウ・ベラピは、父親がジンバブエ人で母親が日本人のハーフ。パース・グローリー、ブリスベン・ロアー、メルボルン・ビクトリー、メルボルン・ハートなど、オーストラリアの強豪クラブでプレーしてきた。また、オーストラリアの世代別代表でもプレーし、フル代表の招集歴もある。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【コラム】山田祥平のニュース羅針盤 第70回 UQをめぐるややこしい回線
[06:00 6/27] パソコン
ヒロミ、藤原竜也の上司役で10年ぶり連ドラ「ママがやりなさいと言うので」
[06:00 6/27] エンタメ
香港が「海外駐在員にとって最も物価が高い都市」1位に - 東京は?
[06:00 6/27] マネー
【連載】六畳一間 第4回 ゴリ沢 その1
[06:00 6/27] ライフスタイル
西田敏行『ジャングル・ブック』で実写吹替え初挑戦!演じるクマは「ほぼ俺」
[05:47 6/27] エンタメ