プロが提唱の裏ワザ「水で薄めた洗剤で食器洗いを効率化」

 

ryori01092

家事の効率化を目的とした“知的家事”を提唱する本間朝子さん。そんな本間さんが行きついたのは、こまめな“ながら掃除”。そこでズボラ主婦でも、すぐにできる小ワザを教えてもらった

■小松菜は生のまま冷凍。野菜は4種まとめゆで

「野菜はアクの少ない順に入れ、4種類ほどまとめゆで。保存容器に入れて、お弁当用の常備菜にして。生で食べられる小松菜は購入後すぐ冷凍。自然解凍でそのままおひたしに」

■水で薄めた洗剤で食器洗いを効率化

食器を洗うときのポイントは?

「ボウルに1滴の洗剤を入れて勢いよく水を注ぐ。すると泡状の液ができあがります。これにスポンジをつけながら洗えば、すすぎの時間が短縮できる」

■夜のうちに朝食セットをトレーに準備

食事のたびに献立を考えるのは主婦にとって負担。

「晩ご飯の残りものを含めてパンや野菜、ソーセージなど朝食を1セットにしてトレーにのせておけば、翌朝も慌てません」

■食器を洗った後は熱湯をかけて時短乾燥

「食器の乾燥を促すポイントは、水切りカゴの食器の上から熱湯をかけること。これで通常より早く乾く」

ただし湯は約60度で。それ以上だと排水パイプ損傷の原因に。


本記事は「週刊女性PRIME」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事