Mac OS X向け仮想化ソフトウェア「Veertu」の最新版

 

Veertu is simple, light, secure virtualization software designed for Mac.

Veertu Labsは1月5日(米国時間)、Mac OS XのApp StoreにおいてMac OS X向けの仮想化ソフトウェアの最新版となる「Veertu 1.0.3」を公開した。VeertuはMac OS Xが提供している仮想化フレームワークを活用しており、軽量で高速という特徴がある。ゲストOSとしてWindows 10、Windows 8、Windows 7、Windows XP、CentOS、Ubuntu、Debian、Linux Mint、Fedora、OpenBSD、FreeBSDなどに対応している。

Veertuのインストール自体は無料。ゲストOSとしてCentOS、Ubuntu、Debian、Linux Mint、Fedora、OpenBSD、FreeBSDなどを使う場合は無料で使用可能だが、WindowsやカスタマイズしたLinuxを使う場合はアプリ内課金でVeertu Premiumの購入が必要とされている。

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

ゲストOSとしてのMac OS Xのサポートは今後の対応として挙げられている。VeertuはMac OS X向けの仮想化ソフトウェアとしては最も新しいソフトウェア。サポートしているゲストOSのインストールが簡単で扱いやすいという特徴がある。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

JAL×ポンタ「JAL Pontaカード」誕生 - "ポンタパイロット"を機内でも配布
[17:01 7/1] 趣味
米IBM、インメモリーデータベースの新バージョン「IBM DB2 V11.1」
[16:59 7/1] 企業IT
日産「キューブ」一部仕様向上、エントリーモデルに本革巻きステアリングも
[16:50 7/1] ホビー
【レビュー】Windows 10 Insider Previewを試す(第58回) - 7回のビルドアップを行った2016年6月最後のビルド14379
[16:46 7/1] パソコン
上海問屋、知育ロボット「mBot」組み立てキット - スマホでも操作可能
[16:45 7/1] パソコン