Mac OS X向け仮想化ソフトウェア「Veertu」の最新版

 

Veertu is simple, light, secure virtualization software designed for Mac.

Veertu Labsは1月5日(米国時間)、Mac OS XのApp StoreにおいてMac OS X向けの仮想化ソフトウェアの最新版となる「Veertu 1.0.3」を公開した。VeertuはMac OS Xが提供している仮想化フレームワークを活用しており、軽量で高速という特徴がある。ゲストOSとしてWindows 10、Windows 8、Windows 7、Windows XP、CentOS、Ubuntu、Debian、Linux Mint、Fedora、OpenBSD、FreeBSDなどに対応している。

Veertuのインストール自体は無料。ゲストOSとしてCentOS、Ubuntu、Debian、Linux Mint、Fedora、OpenBSD、FreeBSDなどを使う場合は無料で使用可能だが、WindowsやカスタマイズしたLinuxを使う場合はアプリ内課金でVeertu Premiumの購入が必要とされている。

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

Veertu 1.0.3使用例

ゲストOSとしてのMac OS Xのサポートは今後の対応として挙げられている。VeertuはMac OS X向けの仮想化ソフトウェアとしては最も新しいソフトウェア。サポートしているゲストOSのインストールが簡単で扱いやすいという特徴がある。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア
スマートフォンで商品を撮影すると多言語で商品情報を取得できる自販機 - ポッカサッポロフード&ビバレッジ
[16:17 7/29] 企業IT
6月の家計支出、2.2%減 - 消費者物価も0.5%下落
[16:16 7/29] マネー