MLSで監督が新人への尻叩きなど暴力行為…4700万円の罰金処分

 

フィラデルフィア・ユニオンの監督を務めていたノワック氏(左) [写真]=Getty Images

 MLS(メジャーリーグサッカー)のフィラデルフィア・ユニオンの元監督であるピーター・ノワック氏が、新人への尻叩きなどの暴力行為を理由に2012年に解雇されていたことが判明した。7日付のアメリカ紙『ニューヨークポスト』が伝えている。

 2015年4月、裁判所はノワック氏を解雇したというクラブの判断を追認し、さらに同氏に40万ドル(約4700万円)の罰金を命じており、この度MLSの代理人とノワック氏の仲裁が成立した。

 仲裁人のマーガレット・ブローガン氏は、「尻叩きによる新人いびりは許容できるものではない。尻叩きはしばしばサンダルで行われていた。彼(ノワック氏)の供述には恐怖さえ感じる。彼が手の痛みを鎮めるために氷のバケツに手をいれて冷やしていたという部分は特にそうだ。彼が若者の尻を強く叩いていたことは明白だ」と述べ、ノワック氏に対する重い処罰を正当だとみなしていた。

 さらに、ブローガン氏は「ノワック氏は選手たちが脳しんとうを隠すような環境を作り出した。ノワック氏は脳しんとうの後遺症に苦しむ選手たちをけなしていたという記録がある」と語り、ノワック氏の指導態度を糾弾している。また、ノワック氏が選手たちに水分の補給なしで約16キロメートルを走らせたという告発にも言及している。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

福士蒼汰&芳根京子で2夜連続ドラマ化『モンタージュ』など36作無料試し読み
[12:00 6/25] エンタメ
戸次重幸、主演の"ケツテロ"ドラマ最終回に「過剰な期待は一切しないで」
[12:00 6/25] エンタメ
TVアニメ『魔法つかいプリキュア!』、第21話の先行場面カットを紹介
[12:00 6/25] ホビー
通勤などの電車内では何してる? - 「スマホ操作」が最多に
[12:00 6/25] マネー
グルテンフリーの生地で夏野菜を包んだ「サラダガレット」が登場
[12:00 6/25] ヘルスケア