イラン代表GK、SNS上にスカーフ未着用の女性の写真を投稿し逮捕

逮捕、拘留されているGKマカニ [写真]=Getty Images

 ペルセポリスに所属するイラン代表GKソシャ・マカニが、SNS上にヒジャブ(イスラム教徒の女性が身に着けるスカーフ)を着用していない女性の写真を投稿したとして、イラン政府から逮捕、拘留されていることが明らかになった。大手ラジオ局『ラジオ・フリー・ヨーロッパ/ラジオ・リバティー』やフランスメディア『SO FOOT』など各メディアが報じた。

 イランメディアによると、マカニはSNS上にヒジャブを着用していない女性2、3名とともに写った写真を投稿したことで、民事訴訟を起こされた。4日に逮捕、拘留されたが、イラン司法局と提携する現地メディア『The Mizan news agency』は一部で告訴が取り下げられたとも報じている。一方で当局は「写真を公にすることは社会に腐敗と売春を蔓延させる行為」として捜査を続けているという。

 マカニの弁護士を務めるベフナム・アリモハマディ氏は、マカニが使用していた携帯アプリ「テレグラム」がハッキングを受け、2度にわたって情報流出が行われたと主張。すでに司法当局に資料を提出し、イランのサイバー警察も捜査に当たっている模様だ。アリモハマディ氏は「マカニは現在も逮捕、拘留されているが、まもなく釈放されるだろう」とコメントしている。

 現在29歳のマカニは2006年にファジュル・セパーシーでプロデビューを飾り、その後はパス・ハメダン、スティール・アジン、ナフト・テヘラン、フーラードなどでプレー。2014年からはペルセポリスに所属している。イラン代表としては2012年から招集を受け、2014年のブラジル・ワールドカップメンバーにも選出されていた。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事