ポートレートやセルフィー撮影で便利! 顔への光の当たり方を確認する方法

 

デジタルカメラでもスマホでも、うまく写真を撮るには "光" が重要になってきます。ここでは握りこぶしを使って、人の顔にどのように光が当たるのかをシミュレーションする方法を紹介します。

ポートレート撮影時はこぶしを握って、光の当たり方を確かめよう

人の顔を写真に収めるのって、結構難しいですよね。

光の差し込む方向やモデルさんの顔の向きなどによって、同じ衣装、構図で撮影したとしても、印象がかなり変わってきます。

やさしい感じ、深みがあって威厳が増す感じ、若々しい感じなど、これから紹介する方法を試せば、モデルさんの立ち位置や、顔の向きなどを指示する時に便利です。

用意するものは自分の手だけ。ここでは、わかりやすくするためにこぶしにマジックで目、鼻、口を書き入れていますが、拳を握った時の人さし指の付け根を鼻に見立てて握れば、マジックを使う必要はありません。

ここでの撮影は、画面右手方向より自然な光が差し込む室内で行っていますが、実際の撮影時の条件は、光源、被写体、カメラの位置など様々です。

しかし、基本は同じ。光に対してこぶし (被写体)、カメラ (自分の目) をどこに置くかを決め、あとはこぶしを回して、被写体の顔の向きを選ぶということになります。

以下、顔に見立てたこぶしを回して、光の当たり方と印象を比べてみました。念のため、頭部をかたどった帽子のスタンドも同じ角度に回しています。

光を背にした角度から光に正対したところまでを比較

光を背にした状態
顔のほとんどが暗く陰になります。この向きで光が当たり、カメラを画面左方向から撮れば、光に正対すること (逆光) になり、シルエットだけの画像になります。

少し左に振ってみた状態
少し左に振ってみると、光が当たっている側の頬が明るくなってきました。

真横から光りを当てた状態
光が真横から当たると、顔の半分が暗く、光の当たる方だけが明るく強調されます。
握りこぶしも、鼻を描いたあたりまでが明るくなっているのがわかります。

さらに左に振ってみた状態
さらに左を向くと、カメラに向いている顔の右半分が暗く、広く写ります。

光と正対させた状態
光のさす方をまっすぐに向いた状態。
顔の前側 (鼻筋、額、口、顎周辺) だけが照らされた状態です。

仕上がりの良い写真を撮るためのアイデアとして、ぜひ試してみてください。

執筆:Ulasam
手工芸、民族音楽を愛するギャラリー&ショップ店主。「モットーは創意工夫」ということで、日夜、DIYやハンドメイドの情報収集と実践に明け暮れる日々。実は調理師の資格も持ち、料理の腕前もかなりのもの。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

人気記事

一覧

2016年7月24日の運勢

イチオシ記事

新着記事

ベッキー、さんま&中居に「ただただ感謝」- 突然の電話出演「びつくり」
[17:31 7/24] エンタメ
J・デップと離婚調停中のA・ハード、起業家イーロン・マスクと新ロマンス!?
[17:01 7/24] エンタメ
「メディアに出れば出るほど誤解される」バンド、jealkbが本音で語る"武道館"への思い
[17:00 7/24] エンタメ
深田恭子の水着姿に「人魚みたい」「ナイスボディ」の声 - インスタ開設
[16:43 7/24] エンタメ
2016年プログラミング言語トップ21が発表、1位は昨年と同様
[16:30 7/24] 企業IT