マエケンが入団 ドジャースでデビューした日本人投手はどうだった?

ドジャースに入団した前田健太

 前田が移籍したドジャースは、過去に日本人投手は5人プレーしており、そのうち4人がドジャースでメジャーデビューを果たした。

 “トルネード旋風”を巻き起こした野茂英雄は、メジャー1年目の95年5月2日のジャイアンツ戦でメジャーデビュー。6月2日のメッツ戦でメジャー初勝利を飾ると、その後も勝ち星を積み重ねていき最終的に13勝をマーク。奪三振数はリーグ最多の236を記録し、最多奪三振のタイトルを獲得した。日米に衝撃を与えた1年となった。

 02年に入団したサウスポーの石井一久は、オープン戦で精彩を欠いたが、シーズンが始まると開幕から6連勝。シーズン最終盤となった9月8日のアストロズ戦で、頭部に打球を受ける大怪我を負うも、メジャー1年目は野茂の13勝を上回る14勝を挙げた。

 3人目は06年に入団した斎藤隆。マイナー契約で入団した斎藤だが、当時守護神を務めていたエリック・ガニエが故障者リスト入りしたため、メジャー昇格。昇格当初は中継ぎも、シーズン途中から抑えに抜擢された。最終的に1年目は72試合に登板して、6勝2敗24セーブ、防御率2.07。メジャー挑戦前の評価を覆す働きぶりだった。

斎藤がドジャースに加入した2年後の08年に、黒田博樹が入団。同じ先発の野茂や石井一のように1年目から二ケタ勝利とはならなかったものの、防御率は3.73。投球イニング数も183回1/3を記録した。

 ドジャースでメジャーデビューした日本人投手は、これまでほぼ全員成功している。前田も先輩たちのように活躍することができるか注目だ。

【ドジャースでメジャーデビューした投手の1年目成績】
野茂英雄(95年)
成績:28試 13勝6敗 防2.54

石井一久(02年)
成績:28試 14勝10敗 防4.27

斎藤隆(06年)
成績:72試 6勝2敗24S 防2.07

黒田博樹(08年)
成績:31試 9勝10敗 防3.73

前田健太(16年)
成績:?


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事