CTC、ビッグデータを活用したセキュリティ対策ソリューション

伊藤忠テクノソリューションズ(CTC)は1月8日、ビッグデータを活用したセキュリティ対策ソリューションの提供を開始すると発表した。

提供するソリューションはウェブルートのクラウドサービス「BrightCloud IP Reputation」を採用したもので、ビッグデータを活用した脅威分析エンジンで、未知の脅威に対応する。

具体的には、ウェブルートが独自技術で世界約43億個のグローバルIPアドレスを追跡・監視し、機械学習アルゴリズムを使用して危険性のあるIPアドレスをリスト化する。リストは1日8万件が更新されており、企業は常に最新の情報に基づいて脅威対策ができるという。

CTCが取り扱うBrightCloud IP Reputationは、パルアルトネットワークスの次世代ファイアウォール用「BrightCloud IP Reputation for Palo Alto Networks」と、Splunkのビッグデータを活用したログ管理ソフトウェアに対応した「BrightCloud IP Reputation for Splunk」となる。同社によると、このパロアルトネットワークス製品の提供は国内で初めて。

同社は、独自のSOCを開設しており、今後は遠隔監視のモニタリングサービスとの連携や、他のセキュリティ製品向けBrightCloud IP Reputationの取り扱いも含めてセキュリティサービスを拡充するとしている。

BrightCloud IP Reputationのサービスフロー図



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事