セカオワ「Fukase」の声をボカロで再現できる歌声ライブラリ登場! - ヤマハ

ヤマハは、人気4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカリスト「Fukase」の声をもとに開発したVOCALOID4対応の歌声ライブラリ「VOCALOID4 Library Fukase」を発売する。パッケージ版は全国の楽器店などで1月下旬より販売を開始し、ダウンロード販売は公式オンラインストア「VOCALOID SHOP」で1月28日より発売となる。価格はライブラリ単品のダウンロード版が1万4,000円、スターターパックのダウンロード版が2万2,000円(ともに税別)。パッケージ版はオープンプライス。

「VOCALOID4 Library Fukase」製品パッケージ

同製品は、日本を代表する4人組バンド「SEKAI NO OWARI」のボーカリスト「Fukase」の声で自由に歌声の制作を楽しめる「VOCALOID4」用の男性歌声ライブラリ。

スタンダードな歌声の「Normal」と、ささやきかけるような歌声の「Soft」という2種類の日本語ライブラリと英語ライブラリが同梱され、日本語でも英語でも伸びやかで透明感のある「Fukase」の声を忠実に再現することが可能となっている。推奨音域はF2~A3で、推奨テンポは80~160BPM。

また、歌声にロボットボイスのような特徴的なエフェクトを歌声に簡単に反映できる専用ジョブプラグイン「Electronica-Tune」が付属するほか、特典として、SEKAI NO OWARIの人気曲「スターライトパレード」を題材として、「VOCALOID」の操作方法を学べる特製小冊子も付属する。

同製品は、ライブラリ単品版である「VOCALOID4 Library Fukase」のほかに、これから「VOCALOID」を始める初心者向けに、スタインバーグのDAW「Cubase」に組み込んで使える歌声編集ソフト「VOCALOID4 Editor for Cubase」をバンドルしたスターターパック「VOCALOID4 Starter Pack Fukase」も販売される。同パックは、それぞれを個別に購入するよりも割安となるだけでなく、「VOCALOID4 Editor for Cubase」には、 「Cubase 8」 のコアテクノロジーを凝縮したコンパクト版「Cubase AI8」が同梱され、購入した日から歌声制作、伴奏制作、編集、ミキシング、トラックダウンまで楽曲制作を一貫して行える環境を入手可能となっている。

イメージキャラクター

キャラクターロゴ

ちなみに、同製品のキャラクターデザインは、2015年8月にイラストコミュニケーションサービス「pixiv」で開催された「VOCALOID4 Library Fukase キャラクターデザインコンテスト」の大賞受賞者、mikuma氏によるものだ。

なお、「VOCALOID4 Editor」(Windows)と使用する場合、「Cubase 8 シリーズ」または「Cubase 7 シリーズ」と「VOCALOID4 Editor for Cubase」で使用する場合の最低動作条件は、Windows環境が Windows 10/ 8.1/Windows 8/Windows 7 SP1(32/64bit)。Mac環境では、OS X 10.11(Cubase 8シリーズでの使用に限る)/10.10(Cubase 7、Cubase Artist 7と使用する場合を除く)/10.9(Cubase Pro8.5、Cubase Artist 8.5 と使用する場合を除く)/10.8(Cubase 8シリーズと使用する場合を除く)。

人気記事

一覧

新着記事