NTT Com、会議サービス「Arcstar Conferencing」をインターネット/VPN対応

 

NTTコミュニケーションズ(NTT Com)は1月7日、同社の会議系サービスである「Arcstar Conferencing」において、機能拡充として、テレビ会議のインターネット対応とビデオ会議のVPN対応を行うと発表した。テレビ会議の機能拡充は同日より提供開始、ビデオ会議の機能拡充は2016年4月に提供開始予定。。

新機能のイメージ

テレビ会議のインターネット対応は、テレビ会議専用端末と専用のネットワークを利用して高品質な映像会議を提供する「TV Conferencing(テレビ会議)」において、外出先などのインターネット回線を経由してマルチ・デバイスでの参加を可能にするもの。これにより、社外も含めた通常の会議ではインターネット回線からの参加も実施し、機密性や品質を重視する役員会議は専用ネットワークのみを利用するといった使い分けを実現する。

利用料金は月額40万円(税別)から。TV Conferencingの契約・利用料金に加え、「Web Conferencing(Web会議)」の契約・利用料金(1IDあたり月額1万3000円×5ID~)が必要。

ビデオ会議のVPN対応は、高品質の映像会議をマルチ・デバイスで実施可能な「Video Conferencing(ビデオ会議)」について、セキュアな企業向け閉域網(VPN)である「Arcstar Universal One」からの利用を可能にするもの。既にArcstar Universal Oneを利用しているユーザー企業は、インターネットの帯域を増加することなくビデオ会議の利用が可能になり、効率的に回線を活用することができるとしている。

Arcstar Conferencingのサービス内容

同社は今後、、会議系サービスに加えて、ユニファイド・コミュニケーション・サービスである「Arcstar UCaaS」との連携も進め、同サービスからArcstar Conferencingの各種会議系サービスを起動できる機能などを順次提供する予定とのこと。



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】妊活は女性だけの問題にあらず! 男性不妊の原因や検査を知る
[11:00 6/29] ヘルスケア
家族の夏のおでかけに使える無印良品のオススメグッズ5選
[11:00 6/29] ライフスタイル
デル、2U4ソケットサーバの第13世代「Dell PowerEdge R830」を提供開始
[10:58 6/29] 企業IT
【特別企画】ピアノの先生も興味津々! - カシオの電子ピアノ「CELVIANO Grand Hybrid」
[10:52 6/29] 家電
Google、2016年上半期検索ランキングを発表
[10:38 6/29] 企業IT