日産、EV「リーフ」のテレマティクスシステムにMicrosoft Azureを採用

 

日産自動車と米Microsoftはこのほど、日産の電気自動車「日産リーフ」の全グレードとインフィニティの欧州モデルに搭載されているコネクトテレマティクスシステムに「Microsoft Azure」を採用すると発表した。日産リーフは2010年に販売を開始した電気自動車(EV)で、EVでは最多となる20万台の売上を誇っている。

このテレマティクスシステムがAzureと連動することで、車両へのリモート接続が可能になり、車両に乗ることなく、車両の機能を使えるという。具体例としては、以下がある。

  • インターネットに接続できるスマートフォンなどの携帯電話を用いて車両エアコンの電源を入れる

  • 車の電源が落ちている状態でも、遠隔操作で充電する

また、充電を自動的に開始するタイマー機能もダッシュボードに用意しているほか、連携アプリのハンズフリー機能によって、運転手がハンドルから手を離すことなく、音声制御で受信メールを確認できる。受信通知だけでなく、メールの読み上げ機能も用意されており、返信作業も音声入力や事前に設定した「運転中につき、返信できません」「今向かっています」といった定型文をハンドルのボタン操作で送信できる。これらの機能もAzureのバックエンドコネクティビティとサポートで実現している。

日産はAzureの選定理由について、高い安全性と各国の規制基準への適合性を挙げており、プライバシー保護の「ISO27018」を、大手クラウドプロバイダーとして最初にクリアした点なども大きな要因としている。



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事