ランサムウェア感染には「定期的なバックアップ」が重要な対策 - IPA

 

情報処理推進機構(IPA)が毎月発表している「今月の呼びかけ」。1月は、拡大の一途を見せているランサムウェアの注意喚起が行われている。

同機構によると、2015年4月より、日本語で表示されるランサムウェアの相談が増加し、被害拡大の懸念から6月に注意喚起を行った。その後、一時沈静化を見せていたものの、10月最終週以降に相談件数が増加した。要因としては、ウイルス感染を目的としたWebサイトの改ざんが相次いだことや、12月にもランサムウェア感染を目的としたメールのばらまきがあるという。特に12月は「vvvウイルス」として広く一般に知れ渡ったことを覚えている読者も多いだろう(関連記事「vvvウイルスは日本を狙ったもの?」「vvvウイルスは"騒ぎすぎ"も、ランサムウェアには注意」)。

ランサムウェアに関する相談件数の推移

ランサムウェアは暗号化手法や感染経路こそ異なるものの、「ファイルが開けなくなる」という特徴は共通しており、ファイルを開きたいのであればランサム(身代金)を払えという要求が来る。こうしたランサムウェアから身を守るための対策として、IPAは、OSやソフトウェアのアップデート、セキュリティソフトの導入と定義ファイルの更新、メールやSNSのファイル・URLへの注意という一般的なセキュリティ対策を呼びかけている。

また、特に効果的な対策として「定期的なバックアップ」を挙げている。バックアップには加工や編集をあまり行わない写真・音楽などのマルチメディアファイルと、編集をよく行うドキュメントファイルでバックアップ手法を変えるように推奨している。

これに加えて、バックアップ時の注意点として「バックアップ時のみPCと接続する」ようにすべきとする。理由としては、接続したままの外付けHDDのファイルが暗号化されたことから、バックアップの意味をなさなかったケースがあるようだ。これ以外にも、バックアップに利用する装置を複数用意するほか、バックアップしたファイルが正常に使えるのか定期的な確認を行うように呼びかけている。



転職ノウハウ

あなたが本領発揮できる仕事を診断
あなたの仕事適性診断

シゴト性格・弱点が20の質問でサクッと分かる!

「仕事辞めたい……」その理由は?
「仕事辞めたい……」その理由は?

71%の人が仕事を辞めたいと思った経験あり。その理由と対処法は?

3年後の年収どうなる? 年収予報
3年後の年収どうなる? 年収予報

今の年収は適正? 3年後は? あなたの年収をデータに基づき予報します。

激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない
激務な職場を辞めたいが、美女が邪魔して辞められない

美人上司と可愛い過ぎる後輩に挟まれるエンジニアの悩み

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

米Uber、FintechスタートアップBettermentと提携、ドライバーの年金計画で
[08:05 8/25] 企業IT
Win10スマホ「MADOSMA Q601」はビジネスシーンで使えるか
[08:00 8/25] 企業IT
TVアニメ『ブレイブウィッチーズ』、石田燿子が歌うOP曲のタイトルが決定
[08:00 8/25] ホビー
Apple IDを完全に削除できますか? - いまさら聞けないiPhoneのなぜ
[08:00 8/25] スマホとデジタル家電
NVIDIA、自動運転車向けSoC「Parker」を正式に発表
[08:00 8/25] テクノロジー

求人情報