緩んだネジ穴をつまようじで修繕する方法 - 穴の場所を変えなくてもOK!

カーテンレールなどの取り付け部分のネジ穴が広がってしまったら、穴につまようじや割り箸を入れて穴を少しふさぐと、再びキッチリ固定させることができます。

緩くなったネジ穴には、つまようじがピッタリ

カーテンレールや壁かけの額縁など、重みでだんだん緩くなったネジを締め直すには、穴の位置をずらしてとめ直すという人が多いと思います。しかし、ここで紹介するのは、場所を変えたくない場合に使える簡単な方法です。

用意するのは、壁の穴よりも細い木製の棒 (つまようじやマッチ棒の軸、割り箸など) です。緩んでしまった穴のサイズで選ぶようにしてください。
その他、木工用ボンドやニッパーが必要です。いずれも100円ショップで手に入るものばかりです。

まずはネジを外して、穴のサイズや深さにあう棒状のものを探します。ここではつまようじがぴったりでした。

つまようじに木工用ボンドをつけ、穴に差し込み、乾くまでそのままにしておきます。乾燥したら、壁から飛び出している部分をニッパーで切り取ります。

フックやカーテンレールなどをネジでとめ直して作業完了です。

賃貸物件にお住まいの方も使える方法だと思いますので、状況に応じてお試しください。

執筆:Ulasam
手工芸、民族音楽を愛するギャラリー&ショップ店主。「モットーは創意工夫」ということで、日夜、DIYやハンドメイドの情報収集と実践に明け暮れる日々。実は調理師の資格も持ち、料理の腕前もかなりのもの。

本稿の内容を実行したことによる損害や障害などのトラブルについて、執筆者および編集部は責任を負うことができません。記載内容を行う場合は、その有効性、安全性など十分に考慮いただくようお願い致します。記載内容は記事掲載日時点の法令や情報に基づいたものです。また紹介されている商品やサービスは、すでに提供が終了していることもあるほか、入手先など記事に掲載されている情報のみとなり、お問い合わせに応じることができません。記載内容を参考にしていただき、ご自身の暮らしにお役立ていただけますと幸いです。

人気記事

一覧

2016年12月11日の運勢

イチオシ記事

新着記事