異国情緒漂う街、長崎。初めての旅行で訪れたい観光スポット4選

 

異国情緒漂う街、長崎。初めての旅行で訪れたい観光スポット4選

南山手の丘に9棟の洋風建築が集まる「グラバー園」。
坂本龍馬と親交が深かった敏腕英国商人トーマス・ブレーク・グラバーをはじめ、江戸末期に活躍した西洋人の洋風建築物を見学することができます。
ベランダからは長崎港を見渡すことができますよ。



敷地内のどこかにあるハート型の敷石には「触れると恋が叶う」「2つ見つけるといいことがある」という噂があるんですよ。
「グラバー園」に行ったら、ぜひ探してみてくださいね。


日本最古の石造りアーチの「眼鏡橋」。
1960年に重要文化財に指定され、日本橋、錦帯橋と共に日本三名橋とされています。
興福寺を訪れる参詣者のために架設したといわれる眼鏡橋の界隈は、古くからの商店や民家が並び、下町の風情が残るところ。
隠れ家な店を探すのも街歩きの楽しみです。
眼鏡橋の近くの石垣にハートのストーンがあったり、夜になると川面に映り込んだ光が幻想的で、眼鏡の形がくっきりと見えますよ。

かつて原爆が投下された浦上地区には、平和公園、長崎原爆資料館など戦争や平和に関連するスポットが集まっています。

小高い丘の上に長崎の平和シンボル、平和記念像が鎮座しています。高く天を指す右手は原爆の脅威を、水平にのばした左手は世界の平和をあらわし、軽く閉じた目は原爆犠牲者の冥福を祈っているそうです。

また、浦上周辺は復興のために多くの植物が植栽され、今は市内有数の緑豊かなエリアに生まれ変わっています。平和公園近くの原爆落下中心地の周辺は、桜の名所としても有名なんですよ。

平和の尊さを再認識して、有意義な時間を過ごしませんか。

長崎の街は“坂の町”の名のとおり、変化に富んだ地形。長崎を代表するビュースポット「稲佐山」から眺めると、立体的でダイナミックな風景に圧倒されます。
とくに近年は、1000万ドルと評される夜景はモナコ、香港と並んで「世界新三大夜景」の認定を受け、ますます注目スポットになりました。
昼と夜で表情を変える長崎の街並を見物してみましょう。

ほかにも、鎖国時代、西洋に開かれた唯一の窓口だった「出島」や、中国料理や雑貨店が立ち並ぶ「長崎新地中華街」、歴史が好きな人には龍馬ゆかりの地巡りがおすすめ。
ソウルフードの長崎ちゃんぽんと皿うどんはぜひ本場の味を試しましょう。

ゆっくりと旅ができればひと足のばして、九十九里島、軍艦島、ハウステンボス、佐世保などたくさんの自然や異国の国を体験できる場所もありますので、訪れてみてくださいね。


本記事は「ことりっぷ」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

プリンスの自宅ツアー、10月から開始予定
[11:12 8/27] エンタメ
森保一、意外な育成術が明らかに『プロフェッショナル』が密着
[11:00 8/27] エンタメ
[深水元基]「真田丸」“猛将”福島正則役 素顔は「酒に弱く」小日向文世に本気ビビり
[11:00 8/27] エンタメ
CEDEC 2016 - トップCGアーティストが華麗な実践テクニックを披露
[11:00 8/27] パソコン
イチから復習! iPhone/iPadで活用したいビジネスアプリ 第50回 必要な機能だけ追加できる高機能レコーダー「ディクタフォン」
[11:00 8/27] 企業IT