『残穢』、和楽器バンド新曲使用のトレーラー公開! "和の恐怖"の緊迫感彩る

 

女優の竹内結子が主演を務める映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』(1月30日公開)のイメージソングとして、8人組バンド・和楽器バンドが書き下ろした新曲を使用したスペシャルトレーラーが、このほど公開された。

映画『残穢【ざんえ】-住んではいけない部屋-』ポスタービジュアル

原作は、「一生で一度しか使えないアイデア」を用いた、作家・小野不由美氏の小説『残穢』。読者から「あまりにも怖くて最後まで読めない」との声が上がるなど話題になり、第26回山本周五郎賞を受けた。

「住んでいる部屋で奇妙な音がする」という女子大生・久保(橋本愛)からの手紙をきっかけに、調査をはじめたミステリー作家の「私」(竹内)。調べを進めると、過去の住人たちが自殺や心中、殺人など、数々の事件を引き起こしていたことがわかり、「私」たちは驚愕の真実を知ることになる。

公開されたトレーラーは、書き下ろしのイメージソング「Strong Fate」を披露。予告映像でも見られた、不可解な現象に戦慄(せんりつ)する「私」や久保らの表情を捉えるとともに、未公開だった、その土地にまつわる歴史をひもといていく2人の姿も収められている。同が持つ和風のメロディとボーカル・鈴華ゆう子の力強い歌唱によって、本作のキーワードとしてプロデューサーの池田史嗣氏が語った、日本古来の"和の恐怖"・"穢(けが)れ"がさらに緊迫したものとして伝えられる。


(C)「残穢-住んではいけない部屋-」製作委員会

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事