横河電機、クラウド環境を利用したデータ共有サービスの米企業を買収

  [2016/01/07]

横河電機は1月7日、生産現場のデータを企業間で共有するクラウドサービスを提供する米国のIndustrial Evolution Inc.(IE)を、子会社であるYokogawa Venture Group Inc.を通じて買収したと発表した。

IEは、さまざまな産業の生産現場における機器、システムからリアルタイムにデータを収集し、その設備を保有する企業だけでなく、データを必要とするさまざまな企業に対して、収集したデータ、もしくは必要な形に加工したデータを提供するサービスを、DaaS(Data as a Service)と呼ばれるクラウドサービスで提供している。同サービスは複数の権利者が存在する石油・ガスの採掘現場における企業間での操業データの共有、操業者と出資者が異なる設備における出資者へのリアルタイムなデータ提供など、幅広い分野で活用されているという。

横河電機はこれまで、生産効率や安全性の向上、エネルギー効率の改善、設備の有効活用などを実現する多様なソフトウエアパッケージをベースに、主に製造業の顧客を対象に高度ソリューションを提供してきた。IEの取り組みについて横河電機は「製造業におけるIoTの活用の先進事例」であると評価しており、同サービスを製造業向けの高度ソリューションの軸の1つとしてビジネスの拡大を図るとしている。

関連キーワード


人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

ジョニー・デップの弁護士、アンバー・ハードのDV主張に反論
[08:30 6/1] エンタメ
Red Hat、「Ansible」最新板はコンテナ・Windows・Azureに対応
[08:30 6/1] 企業IT
Qualcomm、活動量計など省電力ウエアラブル向SoC「Wear 1100」発表
[08:18 6/1] 携帯
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - 世界初の17インチ2-in-1 PC「Inspiron 17 7000」、実機はかなりの存在感
[08:03 6/1] パソコン
【連載】鉄道ニュース週報 第22回 ブルーリボン賞・ローレル賞、候補車両の顔ぶれに疑問
[08:00 6/1] ホビー