GIGABYTE、小型ベアボーン「BRIX」に第6世代Core搭載の新モデル

 

GIGABYTEは6日、小型PCベアボーン「BRIX」の新モデルとして、"Skylake"こと第6世代Intel Coreプロセッサ搭載モデルを発表した。具体的な価格や販売時期は明かされていない。

「BRIX」は、メモリとストレージ、OSを追加することで1台のPCとして完成する小型PCベアボーン。新モデルではCPUに最新の第6世代Intel Coreプロセッサを採用し、内蔵GPUをはじめとしてパフォーマンスが向上した。

「GB-BSi3-6100」「GB-BSi5-6200」「GB-BSi7-6500」

「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」

今回新たに発表されたのは、CPUにIntel Core i3-6100U(2コア/2.3GHz)を搭載した「GB-BSi3-6100」「GB-BSi3H-6100」、Intel Core i5-6200U(2コア/2.3GHz)を搭載した「GB-BSi5-6200」「GB-BSi5H-6200」、Intel Core i7-6500U(2コア/2.5GHz)を搭載した「GB-BSi7-6500」「GB-BSi7H-6500」の合計6モデル。

このうち、「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」の3モデルは、2.5インチストレージの搭載に対応する。

このほかの仕様は共通で、グラフィックスはIntel HD Graphics 520(CPU内蔵)、メモリスロットはDDR3L-1600対応SO-DIMMスロット×2(最大16GB)、ストレージインタフェースはM.2(2280)×1。

ほか主なインタフェースは、IEEE802.11a/b/g/n/ac + Bluetooth 4.0(PCIe M.2 NGFF 2230)、GigabitEthernet×1(Intel i219V)、USB 3.0×4、HDMI×1、Mini DisplayPort×1、オーディオポートなど。電源は同梱のACアダプタ。

本体サイズは、「GB-BSi3-6100」「GB-BSi5-6200」「GB-BSi7-6500」がH34.4×W112.6×D119.4mm、「GB-BSi3H-6100」「GB-BSi5H-6200」「GB-BSi7H-6500」がH46.8×W112.6×D119.4mm。

人気記事

一覧

新着記事