島津製作所、傾斜透視撮影とCT撮影をワンパッケージ化したX線検査装置

 

島津製作所は1月7日、傾斜透視撮影とCT撮影をワンパッケージ化したマイクロフォーカスX線検査装置「Xslicer SMX-6000」を発売した。

同製品は発生点を非常に小さく絞ったX線をワーク(サンプル)に透過させて透視画像を表示するマイクロフォーカスX線検査装置の新製品で、別置きユニットや複雑な手順を必要とせずにワークの断面画像を得られるCT撮影を標準で行うことができる。高速演算処理を実現する独自アルゴリズムにより、CT撮影開始から最短3分で断面画像の表示ができ、傾斜透視撮影からスムーズに切り替えを行うことが可能となっている。また、校正不要で容易な撮影や優れた操作性など、従来製品で好評だった特長も引き継いでおり、効率的な非破壊検査をサポートするとしている。価格はソフトウェア込みで4650万円(税別)。

同社は、「Xslicer SMX-6000」について国内およびアジアのエレクトロニクス業界を中心に拡販・浸透を図るとしており、発売から1年間で国内外で20台の販売を計画している。

マイクロフォーカスX線検査装置「Xslicer SMX-6000」



IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

USJ『ワンピース』ストリートショー、ルフィ&サボの兄弟共演に歓声
[22:32 7/1] エンタメ
[ホーンテッド・キャンパス] 中山優馬初主演&主題歌 怖いのに笑える青春ホラー
[22:19 7/1] エンタメ
「ULTRAMAN」モーションコミック観れる新刊、内田真礼演じる佐山レナのCDも
[21:40 7/1] ホビー
人との接触が苦手な会社員とワンコ系大学生のBL「さわっていーの?」
[21:30 7/1] ホビー
[藤岡弘、]VRを全力で体験 若者文化を“一刀両断”
[21:30 7/1] エンタメ