島津製作所、傾斜透視撮影とCT撮影をワンパッケージ化したX線検査装置

  [2016/01/07]

島津製作所は1月7日、傾斜透視撮影とCT撮影をワンパッケージ化したマイクロフォーカスX線検査装置「Xslicer SMX-6000」を発売した。

同製品は発生点を非常に小さく絞ったX線をワーク(サンプル)に透過させて透視画像を表示するマイクロフォーカスX線検査装置の新製品で、別置きユニットや複雑な手順を必要とせずにワークの断面画像を得られるCT撮影を標準で行うことができる。高速演算処理を実現する独自アルゴリズムにより、CT撮影開始から最短3分で断面画像の表示ができ、傾斜透視撮影からスムーズに切り替えを行うことが可能となっている。また、校正不要で容易な撮影や優れた操作性など、従来製品で好評だった特長も引き継いでおり、効率的な非破壊検査をサポートするとしている。価格はソフトウェア込みで4650万円(税別)。

同社は、「Xslicer SMX-6000」について国内およびアジアのエレクトロニクス業界を中心に拡販・浸透を図るとしており、発売から1年間で国内外で20台の販売を計画している。

マイクロフォーカスX線検査装置「Xslicer SMX-6000」



IT製品 "比較/検討" 情報

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スペースX、ロケットの船への着地に3回連続成功 - タイの衛星打ち上げにも
[11:08 5/28] テクノロジー
【コラム】軍事とIT 第141回 X-2と将来戦闘機(7)データリンク
[11:00 5/28] 企業IT
焼肉のタレ派VSしお派。回答1,000人のうち7割以上が好む味は!?
[11:00 5/28] 趣味
舞台「インフェルノ」植田圭輔&平野良のビジュアル解禁、山内圭輔も出演
[10:00 5/28] ホビー
【ハウツー】メモ・ノートとして使える「ページ」の入力方法とは- イチからはじめるOneNote
[10:00 5/28] 携帯

特別企画 PR