Netflix、中国などを除くほぼ“全世界”で利用可能に

 

Netflixは6日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の展示会「CES 2016」において、中国などを除く190カ国以上の国で、動画配信サービス「Netflix」を提供すると発表した。

Netflixが視聴可能な国・地域の一覧。赤く塗りつぶされている国で提供している

Netflixは、2007年に米国でサービスを開始して以来、グローバル展開をすすめており、昨年には日本も含めた60カ国まで拡大していた。この度、米国政府の制裁措置により、米国企業の事業活動が禁止されているクリミア、シリア、北朝鮮に加え中国を除く190カ国以上で提供を開始した。なお、中国については、サービス提供を目指し活動を続けているという。

提供国の拡大に伴い、対応中の17言語に加え新たにアラビア語、韓国語、中国語(繁体字/簡体字)にも対応する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

上場企業の平均年間給与は622万3000円、トップ企業は1741万円
[14:22 7/27] 企業IT
Nutanix、ハイパーコンバージド製品のDockerサポートなど新機能を発表
[14:06 7/27] 企業IT
御伽ねこむが第1子出産を報告、藤島康介氏とは「一緒にいて一番の幸せ」
[14:05 7/27] ホビー
駅やホームにポケモン出さないで! 全国のJR・私鉄が「ポケモンGO」に要請
[14:01 7/27] スマホとデジタル家電
メルセデス・ベンツ新型Eクラス発表、自動運転へ"ドライブパイロット"搭載
[13:59 7/27] ホビー