Netflix、中国などを除くほぼ“全世界”で利用可能に

 

Netflixは6日(米国時間)、米ラスベガスで開催中の展示会「CES 2016」において、中国などを除く190カ国以上の国で、動画配信サービス「Netflix」を提供すると発表した。

Netflixが視聴可能な国・地域の一覧。赤く塗りつぶされている国で提供している

Netflixは、2007年に米国でサービスを開始して以来、グローバル展開をすすめており、昨年には日本も含めた60カ国まで拡大していた。この度、米国政府の制裁措置により、米国企業の事業活動が禁止されているクリミア、シリア、北朝鮮に加え中国を除く190カ国以上で提供を開始した。なお、中国については、サービス提供を目指し活動を続けているという。

提供国の拡大に伴い、対応中の17言語に加え新たにアラビア語、韓国語、中国語(繁体字/簡体字)にも対応する。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

「製品」から「体験」へ - ドイツのEVベンチャーが見据えるPLMの進化
[14:21 8/29] テクノロジー
日立ソ、SharePoint Online向けセキュリティ製品 - 情報を自動で暗号化
[14:12 8/29] 企業IT
Zebra、Android/iOS対応RFIDリーダーの国内提供を開始
[14:07 8/29] テクノロジー
【特別企画】"中古車選び"で悩むこととは? - 中古車情報サイト「グーネット」
[14:06 8/29] ホビー
「アイアンナイト」の屋宜知宏新作、電気文明が発展した世界舞台の戦記もの
[13:36 8/29] ホビー