「au ID」連携によるじぶん銀行口座の申込開始--最大10項目の情報入力不要

 

じぶん銀行と、KDDI、沖縄セルラー電話は7日、「au ID」連携によるじぶん銀行の預金口座およびカードローンの申込受付を、2016年1月10日から開始すると発表した。

au IDは、auやKDDIの各種サービスやコンテンツなどを携帯電話やパソコンなどから利用するためのID。今回のau ID連携によるじぶん銀行の預金口座申込では、auのスマートフォンやネットワークサービス(※1)を利用する顧客であれば、名前、生年月日、住所など、最大10項目の顧客情報の入力が不要となり、約3分で必要事項の入力が完了するという。

au ID連携によるじぶん銀行の預金口座申込では、auのスマートフォンやネットワークサービスを利用する顧客であれば、名前、生年月日、住所など、最大10項目の顧客情報の入力が不要となり、約3分で必要事項の入力が完了するという

パソコンサイトおよびスマートフォンサイトからの預金口座申込が対象となり、口座開設専用のスマートフォンアプリ「クイック口座開設アプリ」による申し込みについても、近日中に対応予定となっている。

au ID連携によるじぶん銀行の預金口座申込受付開始にあわせ、2016年1月7日から、新規にじぶん銀行の預金口座を開設し、auを利用の顧客を対象とした特典プログラム「プレミアムバンク for au(※2)」および「定額自動入金サービス(※3)」の利用を登録した顧客を対象として、じぶん銀行からの「au WALLET プリペイドカード」へのチャージを5%増額する「じぶん銀行チャージ上乗せキャンペーン」を実施する。

じぶん銀行、KDDI、沖縄セルラーの3社は、「au IDを核とした連携を強化するとともに、『プレミアムバンク for au』の提供を通じて、KDDIが提供する『au WALLET』の魅力を高め、auを利用する顧客の利便性や満足度の向上に努めていく」としている。

※1 au携帯電話、ケーブルプラス電話、Smart TV Box、J:COM PHONEプラス、auひかり、auひかり ちゅら、au one net(「フレッツ光」コース、「コミュファ光」コース、WiMAXコース)が対象
※2 「プレミアムバンク for au」は、新たに口座開設する顧客、既に口座開設した顧客とも利用可能。利用にはじぶん銀行のウェブサイトで「au ID」の登録が必要。
※3 「定額自動入金サービス」とは顧客本人名義の他行口座から、毎月一定額をじぶん銀行口座に取寄せできるサービスで、利用手数料は無料。一度の登録で毎月定額を自動で取寄せできるため、給与振込口座からの振込やATMでの入金など、顧客自身で毎回手続きする手間が省ける

au ID連携によるじぶん銀行の預金口座およびカードローン申込受付の特徴は以下の通り。

最大10項目の顧客情報の入力省略

au IDを保有する顧客であれば、名前、生年月日、住所など、最大10項目の顧客情報の入力が不要となる。

対象項目

名前(漢字)、名前(カナ)、性別、生年月日、郵便番号、住所(漢字)、携帯電話番号、自宅電話番号、携帯Eメールアドレス、パソコンEメールアドレス

本人確認書類の同時提出(任意)

運転免許証・カード型の健康保険証・住民基本台帳カードを保有する顧客は、同時に画像をアップロードできる。なお、本人確認書類の同時提出は任意で、郵送を希望する顧客は、別途郵送で本人確認書類を提出できる。

「プレミアムバンク for au」への同時エントリー(任意)

auを利用する顧客を対象とした特典プログラム「プレミアムバンク for au」へのエントリーを希望する顧客は、同時にau IDを登録できる。

なお、「プレミアムバンク for au」への同時エントリーは任意で、別途じぶん銀行ウェブサイト内でau IDを登録し、「プレミアムバンク for au」にエントリーすることも可能。

各操作画面(イメージ)

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

世界的大発明の原点を体験できるミュージアム
[00:21 9/30] 趣味
白亜の館で古き良き時代にタイムスリップ
[00:21 9/30] 趣味
誕生から60年。愛され続ける横浜の味をお土産に
[00:21 9/30] 趣味
[りゅうちぇる]ハプニング目撃し「キャー!」 メーキングでぺことの出会いも赤裸々に……
[00:00 9/30] エンタメ
[オーバーロード]総集編が劇場版アニメ化決定
[00:00 9/30] ホビー