Maxim、最小1.8Vで動作するPMICを発表

 

Maxim Integrated Products(Maxim)は1月7日、パワーマネジメント集積回路(PMIC)「MAX14720」を発表した。

同製品は1次電池で動作し、最小1.8Vで動作するため、サイズとエネルギー効率が重要となるコイン電池などの再充電不可バッテリのアプリケーションに適しているとする。また、電子的なバッテリシール機能により、初回起動時までバッテリを効果的に遮断していくことができるため、在庫の保存期間を延長することができる。さらに、プッシュンボタン入力の監視、軌道シークエンス制御、電圧レール監視などの付加機能を持つため、BOMコストの削減、小型化が可能となっている。

「MAX14720」は25ピン、0.4mmピッチ、2.26mm x 2.14mmのウェハレベルパッケージで提供され、-40℃~+85℃の温度範囲での動作が保証されている。

「MAX14720」の回路図



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

Hカップ清水あいり、"チャック全開"水着姿で悩殺登壇! ポロリ疑惑に大慌て
[16:03 10/1] エンタメ
"少年探偵団"のリメイクアニメ、1月放送開始 - CVに木村良平・上坂すみれら
[15:36 10/1] ホビー
"水着風"コンパニオンが秋葉原に出現! アニメ『競女!!!!!!!!』号外を配布
[15:28 10/1] ホビー
山谷花純、初主演で「殺される」覚悟 - クランクアップで号泣し脱力状態に
[15:12 10/1] エンタメ
HEROの短編が成宮寛貴主演でドラマに、レッテルが見える男の苦悩描く
[14:14 10/1] ホビー