東京都新宿区に雑穀や無農薬野菜を使用したビーガンレストランがオープン

 

フゥ未来生活研究所は2月3日、国産無農薬の雑穀と野菜を使った料理を提供する「つぶつぶカフェ+ボナ! つぶつぶ」を東京都新宿区にオープンする。

「つぶつぶカフェ+ボナ!つぶつぶ」

同店は、日本学術会議登録学術研究団体・日本ベジタリアン学会から「学会認定最高資格・ベジタリアンマイスターの称号」を授与されたグランマゆみこ氏が運営するビーガンレストラン。同社が運営していた「つぶつぶカフェ」と、雑穀ソースのパスタやピザを提供するベジタリアンレストラン「ボナ!つぶつぶ」が融合し、リニューアルオープンする。

料理に使われている高キビやアワなどの雑穀には、栄養素がバランスよく含まれているとのこと。同社は「栄養のバラツキや偏りも解消されます」としている。

雑穀のキヌアを使ったパスタも(イメージ)

提供するメニューは、肉や卵、乳製品を使用しないハンバーグやピザ、パスタなど。砂糖、卵、牛乳不使用で、100%植物性の材料で作るスイーツもとりそろえている。

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事