Netflixが190以上の国で視聴できるように

 

Netflixは1月6日(米国時間)、米ラスベガスにて開催中の「2016 International CES」(CES 2016)の基調講演にて、190以上の国でサービス提供を開始したと発表した。これまでの17言語に加えて、アラビア語と韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語にも新たに対応した。

Netflixは定額制の映像配信サービスをアメリカで開始し、これまでヨーロッパやオーストラリア、日本など60カ国まで拡大していた。今回、中国など一部地域を除いた130以上の国で新たに展開。サービス提供国は合計で190以上となった。

新たにサービス提供を開始した国では、ほとんどの作品が英語に対応。今後は対応言語やコンテンツ、視聴方法など順次拡大していく。

Netflixを視聴可能な国・地域

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

Renta!、オートチャージサービスを導入 - ボーナスチケットの限定特典も
[18:03 6/29] エンタメ
【レポート】「無償の愛」に続く名言は「いちごパフェ」 - 声優・巽悠衣子と大橋彩香の「あどりぶグランプリ2016」レポ
[18:00 6/29] ホビー
【レポート】「洲崎西」が「あどりぶ」と合同イベント開催 - 洲崎から西へ毛糸ふんどしのプレゼントも
[18:00 6/29] ホビー
【レポート】約70年代洋楽対決! 本家vsカバー - 今回も40歳以上限定!
[18:00 6/29] エンタメ
【コラム】父親だってつらいよ - 女性活躍社会での男の生きづらさ 第8回 父親になることを、肩肘張らず前向きに捉えてみよう
[18:00 6/29] ライフスタイル