Netflixが190以上の国で視聴できるように

 

Netflixは1月6日(米国時間)、米ラスベガスにて開催中の「2016 International CES」(CES 2016)の基調講演にて、190以上の国でサービス提供を開始したと発表した。これまでの17言語に加えて、アラビア語と韓国語、簡体字中国語、繁体字中国語にも新たに対応した。

Netflixは定額制の映像配信サービスをアメリカで開始し、これまでヨーロッパやオーストラリア、日本など60カ国まで拡大していた。今回、中国など一部地域を除いた130以上の国で新たに展開。サービス提供国は合計で190以上となった。

新たにサービス提供を開始した国では、ほとんどの作品が英語に対応。今後は対応言語やコンテンツ、視聴方法など順次拡大していく。

Netflixを視聴可能な国・地域

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

アグリーメント、営業支援パッケージにデータ分析用テンプレートを追加
[12:00 8/30] 企業IT
【連載】Hadoopによるビッグデータ分析基盤設計入門 (3) DWH/RDBMSとHadoopの特徴比較
[12:00 8/30] 企業IT
兼業まんがクリエイター・カレー沢薫の日常と退廃 第76回 連続特集・カレー沢薫と「IT用語」(17) テレワーク
[12:00 8/30] 企業IT
漫画「いたずらオウムの生活雑記」 第336回 ガラガラゲット
[12:00 8/30] 趣味
名画とスター猫がコラボ!? 今度の「ねこ休み展」は美術館がテーマ
[11:54 8/30] 趣味