「Oculus Rift」製品版の予約受け付け開始、価格は83,800円、3月末から出荷

Yoichi Yamashita  [2016/01/07]

米Oculus VRは1月6日(現地時間)、VRヘッドマウントディスプレイ「Oculus Rift」の製品版の予約受け付けを開始した。日本を含む20カ国から予約でき、価格は米国で599ドル、日本からの予約では83,800円になる。

Oculus Riftのパッケージには、Rift本体に加えて、位置を認識するセンサー、Xbox Oneコントローラー、Oculus Remoteなどが同梱される。

Oculus Remoteは、VR環境でナビゲーションや基本的な操作を片手で行えるリモートコントローラだ。Oculus Store、Oculus Videoのビデオコンテンツ、VRエンターテインメント、シンプルなVRゲームなどで使用できる。Oculusチームは「ゲーマーではない人にも、簡単にVRを体験させられる」としている。

Oculus Rift製品版パッケージ

Oculus Remote

Oculus Riftを使用するためのPCの要件は以下の通り。

  • グラフィックスカード: NVIDIA GTX 970 / AMD R9 290以上
  • プロセッサ: Intel i5-4590以上
  • メモリー: 8GB以上
  • ビデオ出力: HDMI 1.3
  • 入力: USB 3.0ポート×3とUSB 2.0ポート×1
  • OS: Windows 7 SP1 64bit以上

所有するWindows PCのスペックが不確かな場合は、Oculusショップで配布されている「Rift compatibility」ツールを使ってRiftが動作するか確認できる。

出荷開始は3月28日。予約受付開始からすぐに3月28日出荷分の台数に達したが、その後も予約受け付けは継続している。製品版にはVRプラットフォームゲームの「Lucky’s Tale (Playful)」が無料バンドルされ、また予約特典としてフライトシューティングゲーム「EVE: Valkyrie (CCP Games)」が付属する。予約を完了した時点で、予約者は今年後半に登場する予定の、モーションコントローラ「Touch」の予約待ち順に組み込まれる。

対応ゲームは、Oculus Studiosが年内に「Rockband VR (Harmonix)」「Edge of Nowhere (Insomniac)」「The Climb (Crytek)」など20以上のOculus独占タイトルをリリースする予定。また2016年末までに「Minecraft (Mojang)」など多数のAAAタイトルを含む100以上のタイトルが登場する。

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

【レポート】人とくるまのテクノロジー展 2016 横浜 - ホンダ、新型FCVや電動スーパーカブを展示
[14:13 5/25] テクノロジー
日本、2020年から小学校でプログラミングを必修化へ
[14:12 5/25] 企業IT
健診データで心筋梗塞、脳梗塞リスクを予測 がん研究センターが簡易システム開発
[14:07 5/25] テクノロジー
DTI、iPhone 6sが月額3,600円でレンタルできる新サービス
[13:45 5/25] 携帯
ゼノンに保谷伸読み切り&「ちるらん」スピンオフ、ヤス・いがわうみこの酒企画
[13:45 5/25] ホビー

特別企画 PR