“エトオ監督”は2試合で終了…アンタルヤスポルが新監督を招へい

 

アンタルヤスポルでプレーするエトオ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 トルコのアンタルヤスポルは6日、ジョゼ・モライス氏が監督に就任したとクラブ公式HPを通じて発表した。これにより、元カメルーン代表FWサミュエル・エトオが暫定監督としての職務期間に終わりを迎えている。

 今季からトルコ・スーパーリーグ(1部)で戦うアンタルヤスポル。およそ2カ月間勝利から見放されていた昨年12月にユスフ・シムシェク氏が監督の座から降りると、新指揮官が見つかるまではエトオを選手兼監督に任命していた。

 昨年6月に同クラブと3年契約を結んだエトオは、これまでに行われたリーグ戦全17試合に先発し、チーム最多の13得点をマーク。しかし、暫定監督としてチームを率いた年末開催の2試合では得点を挙げることができず、1分け1敗で監督生活の第一歩を終えている。

 17日に行われるリーグ戦第18節で、現在11位のアンタルヤスポルは5位バシャクシェヒルと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

「働き盛り」って何歳ですか?
[11:42 8/25] シゴト
女性が仕事選びで妥協できること1位は「残業時間」 - 妥協できないものは?
[11:31 8/25] シゴト
夏でも冷え性になる(グラフィックデザイナー、女性、40代) - 若林理砂のあるあるカルテ
[11:30 8/25] 企業IT
ルネサス、演算性能を従来比30%強化したDLMS対応スマートメータ用マイコン
[11:24 8/25] テクノロジー
カシオ「EXILIM」、19mm~95mm相当の広角ズームレンズ搭載「EX-ZR4000」
[11:12 8/25] スマホとデジタル家電