“エトオ監督”は2試合で終了…アンタルヤスポルが新監督を招へい

 

アンタルヤスポルでプレーするエトオ [写真]=Anadolu Agency/Getty Images

 トルコのアンタルヤスポルは6日、ジョゼ・モライス氏が監督に就任したとクラブ公式HPを通じて発表した。これにより、元カメルーン代表FWサミュエル・エトオが暫定監督としての職務期間に終わりを迎えている。

 今季からトルコ・スーパーリーグ(1部)で戦うアンタルヤスポル。およそ2カ月間勝利から見放されていた昨年12月にユスフ・シムシェク氏が監督の座から降りると、新指揮官が見つかるまではエトオを選手兼監督に任命していた。

 昨年6月に同クラブと3年契約を結んだエトオは、これまでに行われたリーグ戦全17試合に先発し、チーム最多の13得点をマーク。しかし、暫定監督としてチームを率いた年末開催の2試合では得点を挙げることができず、1分け1敗で監督生活の第一歩を終えている。

 17日に行われるリーグ戦第18節で、現在11位のアンタルヤスポルは5位バシャクシェヒルと対戦する。


本記事は「サッカーキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

モノのデザイン 第7回 ブランドの象徴「金のリング」を"再定義" - タムロン 一眼レフ用交換レンズ「SPシリーズ」(後編)
[09:40 7/26] 企業IT
【連載】プライベートクラウド検討者のための Azure Stack入門 [7] Azure Stackのアーキテクチャを見てみよう(その2)
[09:30 7/26] 企業IT
【連載】にわか管理者のためのLinux運用入門 [32] パッケージ管理システムの使い方(Mac編:その1)
[09:30 7/26] 企業IT
【特別企画】中堅・中小企業も狙われる時代、押さえるべきセキュリティ対策4ポイント
[09:30 7/26] 企業IT
日本とアメリカの企業インターンシップにおける違い
[09:30 7/26] 経営・ビジネス