JR東海、正月三が日は名古屋近郊で81万人以上利用! 天候に恵まれ順調に推移

佐々木康弘  [2016/01/06]

JR東海はこのほど、正月三が日の利用状況について、名古屋近郊で81万7,000人が利用したとするまとめを発表した。

正月三が日の名古屋近郊のJR線の利用者数は81万7,000人

3日に東海道本線尾張一宮~木曽川間の踏切で発生した人身事故の影響で、一部の列車に運休や遅延が生じたが、それ以外は天候にも恵まれ、おおむね順調に推移した。名古屋近郊では、東海道本線の豊橋方面・岐阜方面合わせて33万3,000人、中央本線で17万7,000人、関西本線で2万2,000人が利用。これら4線区の利用者数合計は前年より8,000人増え、81万7,000人となった。

初詣最寄り駅の利用も好調で、熱田神宮最寄りの熱田駅、豊川稲荷最寄りの豊川駅、伊勢神宮最寄りの伊勢市駅は、いずれも乗降者数が昨年を1~2割程度上回った。これら3駅の正月三が日の乗降者数合計は82万7,000人にのぼったという。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

石黒彩、モー娘。時代は「低収入ではなかった」- 番組での発言を訂正・謝罪
[23:06 5/30] エンタメ
【レポート】COMPUTEX TAIPEI 2016 - ASUSが予告どおりZenFone 3シリーズ発表、6.8型の大画面「ZenFone 3 Ultra」も
[22:46 5/30] パソコン
鈴木亮平、台湾で『変態仮面』続編をアピール「アジアを代表するHEROに!」
[22:30 5/30] エンタメ
「S―最後の警官―」“その後”の描き下ろしも!実写化もされたマンガの最終巻
[22:23 5/30] ホビー
フリーターの青年が出会ったのは挙動不審なお姉さん、桃月すず最新刊
[22:16 5/30] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR