JR東海、正月三が日は名古屋近郊で81万人以上利用! 天候に恵まれ順調に推移

 

JR東海はこのほど、正月三が日の利用状況について、名古屋近郊で81万7,000人が利用したとするまとめを発表した。

正月三が日の名古屋近郊のJR線の利用者数は81万7,000人

3日に東海道本線尾張一宮~木曽川間の踏切で発生した人身事故の影響で、一部の列車に運休や遅延が生じたが、それ以外は天候にも恵まれ、おおむね順調に推移した。名古屋近郊では、東海道本線の豊橋方面・岐阜方面合わせて33万3,000人、中央本線で17万7,000人、関西本線で2万2,000人が利用。これら4線区の利用者数合計は前年より8,000人増え、81万7,000人となった。

初詣最寄り駅の利用も好調で、熱田神宮最寄りの熱田駅、豊川稲荷最寄りの豊川駅、伊勢神宮最寄りの伊勢市駅は、いずれも乗降者数が昨年を1~2割程度上回った。これら3駅の正月三が日の乗降者数合計は82万7,000人にのぼったという。

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

[知英]“月9”主題歌の喜び語る 「光栄だと思う」
[15:14 6/26] エンタメ
和田アキ子、高知容疑者に"なんで?"連発「奥さんいらっしゃるのに」
[15:05 6/26] エンタメ
指原莉乃、総選挙二連覇も批判の声が相次ぎ「傷つきました」
[14:32 6/26] エンタメ
浜口順子、31歳の誕生日に結婚「ええ嫁はんになれるように頑張ります!」
[14:13 6/26] エンタメ
「ククルス・ドアンの島」ガンダムエース15周年を記念して連載開始
[14:13 6/26] ホビー

本音ランキング