Makerbot、第5世代3Dプリンタ用プリントヘッド「Smart Extruder+」を発表

ストラタシスは1月6日、MakerBot第5世代3Dプリンタ用プリントヘッド「MakerBot Smart Extruder+(Smart Extruder+)」の出荷を1月18日より開始すると発表した。

「Smart Extruder+」では、温度管理システムやフィラメントをノズルに送り込むPTFEチューブの延長などの主要コンポーネントが改良されているほか、起動時間の短縮、より精巧なビルドプレートのレベリングとキャリブレーションなどの改良も加えられている。また、プリントヘッド内のスマートセンサーの強化によるプリント過程の合理化により、時間とコストの削減も実現するなど高機能化が図られている。

同製品に搭載されているセンサーシステムは、「MakerBot Replicator」3Dプリンタ向けソフトウェア「MakerBot Desktop」および「MakerBot Mobile」と通信するため、プリントの進捗状況の通知をどこからでも受信することも可能だ。

また、高寿命化も特徴の1つとなっており、デスクトップ3Dプリンタ「MakerBot Replicator」を用いた検証では、約700時間以上にわたり一貫して確実なプリントができることが証明されたとしている。

ストラタシス・ジャパンでは、「Smart Extruder+」のリリースを記念し、「Replicator」ユーザや国内のデスクトップ3Dプリンタユーザ向けに同製品の活用をサポートするためのプロモーションを1月18日より開始する予定だ。

「Smart Extruder+」



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事