電気グルーヴ映画、7館で上映1週間延長! ミニシアター1位で要望多数

  [2016/01/06]

2人組テクノユニット・電気グルーヴの約25年に及ぶ活動を追った初のドキュメンタリー映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』の上映期間が、1週間延長されることが決定した。同作は、2015年12月26日より「2週間限定」として公開されていた。

映画『DENKI GROOVE THE MOVIE? ~石野卓球とピエール瀧~』場面写真

延長する劇場は、新宿バルト9(東京)、T・ジョイ蘇我(千葉)、横浜ブルク13(神奈川)、静岡東宝会館、梅田ブルク7(大阪)、T・ジョイ京都、T・ジョイ博多(福岡)の7館で、15日まで上映予定。ミニシアターランキングで1位を獲得するなど、観客からも高く評価され、多くの要望に応える形で実現した。

さらに、2つの劇場キャンペーンも延長。1つは、館内に設置されている富士山の顔出しパネルと一緒に撮影した写真をハッシュタグ(#denkigroovethemovie)を付けてツイッターもしくはインスタグラムに投稿する企画で、抽選で3人に電気グルーヴのサイン入りポスターがプレゼントされる。

応募には、各SNSでの映画公式アカウントのフォローが必要。もう1つは、劇場で配布されている専用応募用紙に、その劇場で鑑賞した本作の半券を貼付し設置されている応募ボックスへ投函(とうかん)する企画。こちらは、劇場ロビーに掲出されているサイン入りチケットホルダー(クリアファイル/非売品)が抽選で1人に贈られる。応募期間は、対象劇場の上映終了日まで。

本作は、初ライブや数々の記録映像、当時を振り返るインタビュー、最新のライブシーンなどで構成。かつてのメンバーであった砂原良徳とCMJK、ケラリーノ・サンドロヴィッチ、スチャダラパー、山口一郎(サカナクション)、小山田圭吾といったアーティストの出演もしている。メガホンを取るのは、これが初のドキュメンタリー映画となる大根仁監督。映画『モテキ』(11年)やテレビ東京系ドラマ『まほろ駅前番外地』(13年)などを手がけたことで知られる一方、音楽シーンやサブカルチャーにも造詣が深いことから、メンバーたっての希望で監督に起用された。

富士山の顔出しパネル

チケットホルダー

(C)2015 DENKI GROOVE THE MOVIE? PROJECT

写真で見るニュース

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【レポート】「だが、それがいい! その箸がいい!」 - コトブキヤ秋葉原館にて『花の慶次』と侍箸のコラボイベント開催中
[15:00 5/28] ホビー
魔女と巫女が親友になる、内藤隆「黒髪巫女とマリアウィッチ」キャラット新連載
[14:36 5/28] ホビー
「ガンダム THE ORIGIN」で池田秀一「やっとシャアになれました」
[14:32 5/28] ホビー
[池田秀一]シャアに“戻り”安堵 「いい酒が飲めた」
[13:57 5/28] ホビー
[マンガ質問状]「おそ松さん」 トト子ちゃん主役の構想も
[13:30 5/28] ホビー

本音ランキング

特別企画 PR