グンゼ、着るだけで消費カロリーが計測できる肌着開発 - NECが技術協力

 

グンゼがNECの技術協力により開発したウェアラブルシステム

グンゼは6日、日本電気(NEC)の技術協力により、着るだけで消費カロリーなどの生体情報を計測でき、肌着として日常的に着用できるウェアラブルシステムを開発したと発表した。

同ウェアラブルシステムでは、活動量センサーや通信機能を備えたNECの小型ウェアラブル端末を活用しており、消費カロリー、心拍数を計測できる。取得した情報はスマートフォンなどを経由してNECのクラウド上で管理される。そのほか、姿勢や身体の癖・ゆがみといった状態も可視化できるため、姿勢改善や肩こり予防に役立つアドバイスの提供や美容・健康に関するサービスでの活用を期待しているという。

肌着としての機能性も確保。グンゼのニット編み技術により導電性繊維をインナーに加工している。これにより、センサーや配線部分もニットで伸縮するため、身体にフィットして動きやすいとのこと。また、洗濯も可能となっている。

システム概要

なお、同製品は1月13日から15日まで東京ビッグサイトで開催予定の「第2回ウェアラブルEXPO(ウェアラブル端末の活用と技術の総合展)」に出展される。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

ASRock、「SLI HBブリッジ」を単品販売 - 価格は税別2,750円前後
[20:53 8/26] パソコン
ジョニー・デップ、アンバー・ハードの寄付を尊敬
[20:37 8/26] エンタメ
ダイヤモンドより硬い「グラフェン」を使ったイヤホン、そのサウンドは?
[20:26 8/26] スマホとデジタル家電
コーヒーマシンに見守り機能? 意外な組み合わせで攻めるネスレ日本
[20:25 8/26] 経営・ビジネス
ドスパラ、「パーツ館増床記念セール」の詳細を公開 - 28日まで開催
[20:24 8/26] パソコン