話しかければ翻訳してくれる「ili」 - CES 2016で発表

  [2016/01/06]

ログバーは1月6日、米ラスベガスにて開催中の「2016 International CES」(CES 2016)において、ウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」を発表した。2016年夏から全世界で使用できるとアナウンスしている。

ili

iliは、Wi-Fiや3G回線などインターネットに接続することなく音声を翻訳できるスティック型のデバイス。第1段階として英語と日本語、中国語に、第2段階としてフランス語とタイ語、韓国語に、第3段階としてスペイン語とイタリア語、アラビア語に対応する。

旅行に特化した翻訳辞書を搭載。たとえば英語で「What's up?」と話しかけると、iliがマイクで音声を拾って翻訳し、日本語で「ねぇ、元気?」という音声を発する。今後はiliを用いた新規ビジネスモデルの構築など旅行関連事業者と連携していく。

ボタンを押して話しかければ翻訳

CES 2016で展示(プレイベント「CES Unveiled」にて撮影)

特別企画 PR

人気記事

一覧

新着記事

Rust 1.9登場
[13:30 5/30] 企業IT
ドコモ、「P-01G」ソフト更新 - 着信拒否登録に関する不具合修正
[13:28 5/30] 携帯
オーテク、原音再生にこだわった新ダイナミック型イヤホン「ATH-CKR100」
[13:12 5/30] 家電
ドコモ、「AQUOS PHONE ZETA」ソフト更新 - パケットサービスの品質改善
[13:11 5/30] 携帯
imecなど、変換効率12%の半透明ペロブスカイト太陽電池モジュールを開発
[13:09 5/30] テクノロジー

特別企画 PR