話しかければ翻訳してくれる「ili」 - CES 2016で発表

 

ログバーは1月6日、米ラスベガスにて開催中の「2016 International CES」(CES 2016)において、ウェアラブル翻訳デバイス「ili(イリー)」を発表した。2016年夏から全世界で使用できるとアナウンスしている。

ili

iliは、Wi-Fiや3G回線などインターネットに接続することなく音声を翻訳できるスティック型のデバイス。第1段階として英語と日本語、中国語に、第2段階としてフランス語とタイ語、韓国語に、第3段階としてスペイン語とイタリア語、アラビア語に対応する。

旅行に特化した翻訳辞書を搭載。たとえば英語で「What's up?」と話しかけると、iliがマイクで音声を拾って翻訳し、日本語で「ねぇ、元気?」という音声を発する。今後はiliを用いた新規ビジネスモデルの構築など旅行関連事業者と連携していく。

ボタンを押して話しかければ翻訳

CES 2016で展示(プレイベント「CES Unveiled」にて撮影)

人気記事

一覧

新着記事

[朝が来る]テレビ欄に原作・辻村深月の作品名 「“辻村愛”感じて」 安田成美&川島海荷のヒューマンドラマ
[08:00 7/30] エンタメ
偽Pokemon GOアプリから身を守る方法
[08:00 7/30] 企業IT
ベッキー、武道館イベントに感激「ただただ幸せ」騒動後初めてファンの前に
[08:00 7/30] エンタメ
吉木りさ&和田正人、ブログで交際宣言「あたたかい目で見守って」
[08:00 7/30] エンタメ
鉄道トリビア 第365回 全国に4駅ある赤坂駅と愛媛県の五十崎駅、その共通点は…
[08:00 7/30] ホビー