グンゼ、姿勢や消費カロリーを計測できる肌着型ウェアラブルシステムを開発

 

グンゼは1月6日、着るだけで姿勢、消費カロリー(活動量)、心拍などの生体情報を計測でき、肌着として日常的に着用できる衣料型ウェアラブルシステムを開発したと発表した。開発にはNECが協力した。

同システムは、導電性繊維をインナーに加工し、姿勢センサや配線として活用。センサーや配線部分もニットで伸縮するため身体にフィットするほか、伸縮性や通気性に優れているため、着心地も良いという。また、洗濯することも可能だ。

インナーに施された姿勢センサーは、身体の動きによる皮膚の伸縮を計測したデータに基づき生体情報を取得することが可能で、グンゼの子会社であるグンゼスポーツのノウハウを活用し着用中の姿勢を測定できるデザインになっている。また、活動量センサーや通信機能を備えたNECのウェアラブル端末を使用し、取得した情報はスマートフォンなどを経由してクラウド上で管理する仕組みとなっている。

グンゼは、今回開発した衣料型ウェアラブルシステムにより姿勢・ゆがみ・癖など身体の状態を見える化、姿勢改善や肩こり予防に役立つアドバイスの提供、利用者間の比較や傾向分析など、美容・健康に関する付加価値の高いサービスの提供を実現するとしている。

なお、同システムは1月13日~15日まで開催される「第2回ウェアラブルEXPO」に出展される予定となっている。

衣料型ウェアラブルシステム



人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

レノボ、"Tango"搭載6.4型ファブレット「Phab2 Pro」 - 税別49,800円
[12:37 9/27] パソコン
京大、生物を模倣した触媒反応で機能性炭素ナノリボンを合成
[12:34 9/27] テクノロジー
『デスノートLNW』現場に潜入! 東出昌大×池松壮亮×菅田将暉、唯一の対峙シーンで銃撃音
[12:30 9/27] エンタメ
TOKIO国分太一、福山雅治ライブでの事故「人ごととは思えない」
[12:28 9/27] エンタメ
Microsoftとルノー・日産アライアンスが次世代コネクテッドカー技術で提携
[12:25 9/27] 企業IT