京大、体細胞とiPS細胞の中間にあたるiRS細胞を樹立 - 遺伝子改変が容易に

  [2016/01/06]

京都大学(京大)は1月6日、ヒト体細胞からiPS細胞へ再プログラム化される中間段階にあたる幹細胞株、ヒトiRS(intermediately Reprogrammed Stem)細胞を新たに樹立したと発表した。

同成果は同大学 再生医科学研究所の多田高 准教授の研究グループによるもので、英科学誌「Development」の電子版で公開された。

同研究グループが樹立に成功したヒトiRS細胞は、ヒト体細胞とiRS細胞の再プログラム化の中間段階にあり、培養条件を変えることでiPS細胞への再プログラム化を再開するほか、単一細胞からの増殖が可能で、ゲノム編集などの遺伝子操作技術の応用が容易であるなどの特性を持つ。

研究ではさらに、ゲノム編集により、iPS細胞のマーカー遺伝子として知られるOCT4遺伝子の下流に蛍光照射によりグリーンに光るタンパク質を挿入することで、ヒトiRS細胞(OCT4発現オフ)がiPS細胞(OCT4発現オン)に変化する様子を生きた細胞で可視化する事に成功。また、OCT4の活性化はiPS細胞化に必要であるが十分ではない事も明らかにした。

今回の研究成果によって、ゲノム編集を含む遺伝子改変されたiPS細胞の作製が簡易になり、遺伝性疾患の病因解明や創薬開発、iPS細胞の品質の安定化につながることが期待される。

iRS-iPS細胞再プログラム化における内在性OCT4活性の可視化

関連キーワード


IT製品 "比較/検討" 情報

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

【連載】1コマ漫画 猫にありがちなこと 第995回 抜けた猫のヒゲを活用してみた
[07:00 6/25] 趣味
海老蔵、半年間の『石川五右衛門』撮影終了! 「時間の長さは感じなかった」
[07:00 6/25] エンタメ
さんま、葛西紀明のお土産あんパンを絶賛「巨乳の剛力彩芽みたいや!」
[07:00 6/25] エンタメ
【レポート】食費節約になる食材保存方法7選 - FPに聞いてみた
[07:00 6/25] マネー
【連載】1コマ漫画 ホモサピエンス取扱説明書 第690回 あしかがフウラワーパークはいいぞ
[07:00 6/25] 趣味