サンディスク、世界最薄をうたう1.5mm厚のM.2 SSD - 片面実装の1TBも

 

M.2接続SSD「X400」の紹介ページ

サンディスクは5日(米国時間)、米国ラスベガスで行われる2016 International CES(CES 2016)にて、世界最薄をうたう1.5mm厚のM.2 SSDを発表した。

今回発表されたSSD新シリーズ「X400 SSD」では、7mm厚2.5インチとM.2(2280)という2種類のフォームファクタを用意。それぞれ、128GBモデル、256GBモデル、512GBモデル、1TBモデルの4モデルをラインナップ。このうち、M.2(2280)モデルはすべて片面実装で、厚みは1.5mm。また、M.2 SSDで1TBの片面実装は業界初とする。

インタフェースはSATA 3(6Gb/s)。規格上のシーケンシャルリード・ライト速度は、128GBモデルが最大540・340MB/s、このほかが最大540・520MB/s。

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

プログラミング言語「Python」を学ぶべき理由
[10:06 8/30] 企業IT
中居正広、記念日を大切にする結婚生活「地獄としか…」
[10:02 8/30] エンタメ
Hot Chips 28 - 冒頭を飾った注目の「ARM Bifrost GPU」の発表
[10:00 8/30] テクノロジー
【特別企画】NTTデータが新入社員研修に「教育版レゴ マインドストーム EV3」を導入した理由
[10:00 8/30] テクノロジー
ココリコ田中、10月から『ZIP!』レギュラー出演「毛深い自分で大丈夫か」
[10:00 8/30] エンタメ