母国の「おふくろの味」は何ですか? 日本在住の外国人に聞いてみた

 

海外に滞在していると、日本食が無性に食べたくなることがある。特にみそ汁や肉じゃがなど、定番の家庭料理である「おふくろの味」が恋しくなる人も多いのでは? では、外国人が日本にいる時に食べたくなる、母国のおふくろの味は何だろうか。日本に住む外国人20人に聞いてみた。

Q. あなたにとっての「おふくろの味」(定番の家庭料理)は何ですか?

主食

・「ホットケーキです」(ギリシャ人/33歳/男性)

・「カレーライス」(マレーシア人/31歳/女性)

・「野菜と肉たっぷりのうどん」(モンゴル人/39歳/女性)

・「シェパーズパイ(マッシュポテトで作ったミートパイ)」(イギリス人/31歳/女性)

汁物

・「ボルシチとブリ二(独特なパンケーキ)」(ロシア人/31歳/女性)

・「赤いボルシチ」(ポーランド人/30歳/女性)

・「豚骨スープ」(フィリピン人/35歳/女性)

・「子供の頃、母親がよく作ってくれたモロヘイヤのスープ」(エジプト人/33歳/男性)

・「体をよく温める、レンズマメスープ」(シリア人/35歳/男性)

・「ソトアヤム(スパイスを多く使った鶏肉のスープ)」(インドネシア人/36歳/男性)

・「ポテトスープ」(チェコ人/58歳/男性)

主菜

・「ローストチキン&ニンニク入りのトマトソースパスタ」(フランス人/35歳/男性)

・「マーボー豆腐と揚げ排骨(パイグー/骨付きばら肉)」(台湾人/34歳/女性)

・「豚肉の炒め物」(韓国人/34歳/男性)

・「牛肉トマト煮込み」(中国人/28歳/男性)

・「ペルシャ料理のケバブ」(イラン人/28歳/女性)

・「茶わん蒸し」(香港人/34歳/女性)

全体で最も多かったのは、汁物系。日本人にとってのみそ汁のように、小さい頃から親しんできた味が恋しくなる人が多いようだ。そのほかに、シェパーズパイやソトアヤム、揚げ排骨など、日本ではあまり見られないものもあった。

※写真と本文は関係ありません

関連キーワード

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

スバル新型「インプレッサ」のプロトタイプを「AUTOMOBILE COUNCIL」に出展
[16:27 7/29] ホビー
VR視聴&配信アプリ「dTV VR」 - 音楽のVRコンテンツを楽しめる
[16:17 7/29] スマホとデジタル家電
【特別企画】完全食「COMP」は現代人の福音となるか? 開発者 鈴木優太×メディアアーティスト 落合陽一対談
[16:17 7/29] ヘルスケア
スマートフォンで商品を撮影すると多言語で商品情報を取得できる自販機 - ポッカサッポロフード&ビバレッジ
[16:17 7/29] 企業IT
6月の家計支出、2.2%減 - 消費者物価も0.5%下落
[16:16 7/29] マネー