ニコン初、電波制御に対応したスピードライト「SB-5000」

 

ニコンイメージングジャパンは1月6日、米ラスベガスにて開催される「2016 International CES」(CES 2016)において、電波制御に対応したスピードライト「SB-5000」を発表した。発売は3月で、希望小売価格は税別72,500円。

SB-5000

「電波制御アドバンストワイヤレスライティング」を搭載し、ニコンのスピードライトとして初めて、電波制御によるワイヤレス増灯撮影に対応した。電波制御によって、リモートフラッシュが物陰や遠くにある場合や、周囲が非常に明るい場合でも、光制御に比べて容易にライティングできる。通信距離は最大約30mだ。電波制御アドバンストワイヤレスライティングの対応カメラは、2016年1月6日現在で「D5」と「D500」のみ。

初搭載となる「クーリングシステム」により、フラッシュヘッド内部の過熱を抑え連続発光回数を向上させた。ガイドナンバーは「34.5」(FXフォーマット、ISO100・m、照射角35mm、スタンダード配光時)となる。

背面

ロータリーマルチセレクターに多くの機能を集約して操作性が向上したほか、小型化も実現。そのほか、照射角が使用レンズの焦点距離に連動する多段階「オートパワーズーム機構」や、カメラのメニューやパソコンからからSB-5000の設定・操作が行える「ユニファイドフラッシュコントロール」といった機能も備える。

FX / DX切り替えに対応しており、配光画角は配光タイプ切り替え(スタンダード配光 / 均質配光 / 中央部重点配光)となる。調光範囲は0.6m~20m。発光モードはi-TTL 調光 / 絞り連動外部自動調光 / 外部自動調光 / 距離優先マニュアル発光 / マニュアル発光 / リピーティング発光。バウンス角度は垂直方向が上90度 / 下方向7度、水平方向が左方向180度 / 右方向180度。

電源には単3形アルカリ乾電池もしくはニッケル水素充電池×4本を使用。本体サイズは約W73×D103.5×H137mm、重量は約420g。

D5への装着イメージ

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

テリー伊藤、高畑淳子への影響を心配「バカ息子と一緒…共倒れの可能性が」
[11:06 8/28] エンタメ
松本人志、高畑裕太容疑者の母・淳子に苦言「息子にしっかりと怒りを」
[11:01 8/28] エンタメ
ラブリ「まだまだ恋愛をしたいです」初の写真詩集を出版
[11:00 8/28] エンタメ
Linuxが最初にリリースされた時のアナウンスメールからわかること
[11:00 8/28] 企業IT
自腹で買ったカバン、今までの最高額は何円?
[11:00 8/28] マネー