日本での実績は十分も…移籍先が決まっていない助っ人は?

  [2016/01/06]

昨季限りでヤクルトを自由契約となったロマン(写真はヤクルト時代) [BASEBALLKING]

 ルナ、スタンリッジ、クルーズ、自由契約となった助っ人外国人は、日本プロ野球界で新しい所属先を決めた。一方で、まだ移籍先が決まっていない助っ人もいる。

 マートンがその一人だ。10年阪神に入団すると、1年目に当時日本新記録となるシーズン214安打をマーク。3年目の12年に打率.260と低迷するも、翌13年から2年連続打率3割を記録した。14年は打率.338で自身初となる首位打者に輝いた。しかし、昨季は春先から打撃不振に苦しみ、打率.276と3割に届かず。守備でも記録に残らないミスも多く、昨季限りで自由契約となった。守備に不安を抱えているが、打撃は日本通算打率.310と実力は十分にある。

 投手ではヤクルトの14年ぶり優勝に貢献したロマンが自由契約となった。ロマンは昨季、チーム事情により先発を務めた時期もあったが、リリーフを中心に61試合に登板して、5勝5敗、防御率2.40の成績を残した。今年の11月で38歳を迎え、年齢が高いのはネックであるが、ヤクルトで4年間結果を残しており、活躍を見込めそうだ。

 その他、オリックス時代に先発と中継ぎの両方をこなしたマエストリ、昨季春先に抑えを務めるも、シーズン途中から中継ぎに配置転換されたヒース、オリックスの春季キャンプで合格を勝ち取り入団し、一時は4番を務めたカラバイヨなども移籍先が決まっていない状況だ。

 一方で、阪神、オリックス、DeNAと3球団を渡り歩いたバルディリスは韓国の三星ライオンズ、昨季途中から広島でプレーしたシアーホルツはデトロイト・タイガースとマイナー契約を結んでいる。

◆移籍先が決まっていない主な助っ人
マートン
ロマン
ヒース
マエストリ
カラバイヨ
バリントン
ミレッジ


本記事は「ベースボールキング」から提供を受けております。
著作権は提供各社に帰属します。

特別企画 PR

人気記事

一覧

イチオシ記事

新着記事

父の告白を聞いた有森也実は…『ファミリーヒストリー』
[05:15 5/26] エンタメ
[刑事7人]東山紀之主演の刑事ドラマが1年ぶり復活 7月から第2シリーズ放送へ
[05:00 5/26] エンタメ
東山紀之、『刑事7人』第2シリーズで要望「高いプロ意識で生きる男たちを」
[05:00 5/26] エンタメ
清野菜名×ディーン・フジオカのドラマ「はぴまり」原作イメージのビジュアル
[04:00 5/26] ホビー
[トリンドル玲奈]「カフェオーレ」新CMでくつろぎの表情
[04:00 5/26] エンタメ

特別企画 PR