サムスン、LTE対応の12型WindowsタブレットPC「Galaxy TabPro S」

 

Samsung Electronicsは5日(米国時間)、米国ラスベガスで開催中の2016 International CES(CES 2016)に合わせ、Windows 10搭載のタブレットPC「Galaxy TabPro S」を発表した。2016年2月からグローバルで販売開始。価格は未定。

Galaxy TabPro S

12型ディスプレイには有機EL(AM-OLED)を採用し、解像度は2,160×1,440ドット。第6世代Intel Core mプロセッサやNFCの搭載などが特徴で、フルサイズのカバーキーボードが標準で付属する。カバーキーボードは2段階の角度調節ができるスタンドとしても利用可能。接続はPogoピンで、充電やペアリング作業は不要だ。

寝かせたような角度でも設置可能

OSはWindows 10 HomeもしくはWindows 10 Proを選択でき、個人だけでなくビジネスユーザーのニーズも満たすとしている。Cat.6対応のLTEモデルも用意する(Cat.6の対応は地域により異なる)。

本体サイズは290.3×198.8×6.3mm、重量はWi-Fiモデルが693g、LTEモデルが696g。バッテリ容量は5,200mAhで、最大10.5時間利用できる。オプションでマルチポートアダプタ、Bluetoothペンを用意する。

画像ギャラリー

関連キーワード

人気記事

一覧

新着記事

小柳歩、"舐め"オンパレードで「セクシーというよりはエロい」
[00:00 8/28] エンタメ
Fカップ松嶋えいみ、2人の男性からマッサージ「私生活でもやって欲しい」
[00:00 8/28] エンタメ
さんま『さんまのまんま』終了理由「制作費」と明かすも、 実は別に理由が?
[23:55 8/27] エンタメ
「PINコード」とは - いまさら聞けないスマートフォン用語
[23:04 8/27] スマホとデジタル家電
[鈴木保奈美]10年後も「元気で身軽な人でいたい」
[22:40 8/27] エンタメ